« 復興費詐欺は使った者が勝ち | トップページ | 大臣のどこ探しても無い矜持 »

放言を誰も咎めぬ民主党

首相は年内に解散と前原氏 「約束は絶対守る人だ」
 前原誠司国家戦略担当相は21日のフジテレビ番組で、野田佳彦首相が公言した「近いうち」の衆院解散時期に触れ「私の感覚では、年明けは『近いうち』でない。首相は約束を絶対守る人だ」と述べ、公債発行特例法案など懸案が解決すれば首相は年内に解散に踏み切るとの見方を示した。
 前原氏は前提として、公債法案と衆院の「1票の格差」是正、社会保障改革を議論する「国民会議」設置の3法案を挙げた。
 これに対し、民主党の安住淳幹事長代行は高松市内で記者団に「前原氏は個人の感覚として発言したと聞いている。党執行部の意思ではない」と強調した。(2012/10/21 12:49【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012102101001239.html

 史上最悪の放言男兼言うだけ番長・前原誠司が、自分の感覚では、年明けは『近いうち』ではないと私見をあたかも国家戦略相の立場のような放言をまたやった。
 前原のこの放言が放言であることは無知無能の官房長官・藤村修が22日に公式記者会見の場で認定している。どうして、民主党とは、イオンの守護神・岡田克也、ちびっ子ギャング・安住淳、言うだけ番長・前原誠司と無責任な発言をしても知らぬ顔のできる輩が蔓延しているのだろうか。最低顧問という年だけ食った糞爺どもがいるが、誰も教育できるような人間性を持った奴がいないのだから始末が悪い。
 このようなことをやっていて、民主党の支持率がV字回復するという妄想癖があるようだが、総選挙が行われれば、一庶民としてマスコミが相手にしないようになるだろうから、そうすれば、これらバカどもも身に染みて分かることだろう。(No.3455-6)

|

« 復興費詐欺は使った者が勝ち | トップページ | 大臣のどこ探しても無い矜持 »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55947907

この記事へのトラックバック一覧です: 放言を誰も咎めぬ民主党:

« 復興費詐欺は使った者が勝ち | トップページ | 大臣のどこ探しても無い矜持 »