« 無免許は軽い罪だという司法 | トップページ | 騙された内に選挙という民主 »

サムソンがまた盗まれた展示品

サムスン有機ELテレビ消える IFAへの搬送中に
【ソウル聯合ニュース】欧州最大の家電見本市「IFA」に出展予定だったサムスン電子の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビ2台が、韓国から会場のドイツ・ベルリンに搬送中に所在が分からなくなっていたことが4日、明らかになった。
 製品が消えた地点や日時などは分かっていない。サムスン電子はドイツと韓国の警察に捜査を依頼したという。業界は、紛失よりも盗難に遭った可能性が高いとみている。
 サムスン電子は8月21日、韓国京畿道の水原事業場で有機ELテレビを梱包した。ドイツのフランクフルト空港まで航空輸送した後、ベルリンの見本市会場までトラックで搬送することになっていたが、28日にサムスン電子社員が展示会場に到着した製品の確認作業を進めていたところ、有機ELテレビ2台がないことに気付いた。
 この2台は液晶やプラズマなどの薄型テレビよりも高度な技術を要する最先端テレビで、見本市でも目玉になる予定だった。サムスン電子のある関係者は「正確な事実は警察の捜査が終わるのを待たなければならないが、最先端技術を奪うための組織的な犯罪である可能性も排除できない」と話した。
 先端技術を狙った盗難だとすれば、数兆ウォン(1ウォンは0.07円)台の損失も予想される。この2台はまだ市販されていない製品だという。
 同社は2001年にも、米国の見本市への出展を控え63型プラズマテレビの盗難に遭ったことがある。その後は見本市などに出展する製品に保険をかけるなど、盗難対策を取っている。mgk1202@yna.co.kr(以上(聯合ニュース2012/09/04 09:43 KST)より引用)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/itscience/2012/09/04/0600000000AJP20120904000700882.HTML

 IFAに出展予定だった、サムソンの有機ELテレビ2台が韓国からドイツに移送中に盗まれたそうだ。
 昔、アメリカで出展予定だったプラズマテレビも盗まれたが、当時、サムソンにプラズマテレビのそのような技術があったか私は疑問に思っている。要するに、展示会に間に合わなかった言い訳に盗まれた、自分たちの技術は数兆ウォンだと吹聴したいがために、自作自演の茶番劇のようにさえ思える。有機ELは、製造プロセスに大きなノウハウがあり、例え、現物を入手して分解・解析したとしてもどこまで、プロセスのノウハウまで明らかにできるか疑問だ。少なくとも、どんなアホな企業でも、展示すると言うことは、自分の展示が特許の公知例となるため、展示前には特許出願を終えているはずだ。この事件を解明するには、サムソンの水原事業所で本当に展示品が梱包されたかまで、調べなければ答えは出ないだろう。そして、サムスンが事業所内まで警察に捜索などはさせないだろうから、最初から迷宮入りが明らかなことだ。
 サムソンの常套手段に騙されてはいけない。頑張って試作したが展示に耐えるレベルの試作品ができなかったと見る方が妥当だと私は思う。(No.3407-3)

|

« 無免許は軽い罪だという司法 | トップページ | 騙された内に選挙という民主 »

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55585321

この記事へのトラックバック一覧です: サムソンがまた盗まれた展示品:

« 無免許は軽い罪だという司法 | トップページ | 騙された内に選挙という民主 »