« 代表選棚に上げてる「近いうち」 | トップページ | 次の総理の訪ロ日程まで決める »

危険運転にならぬ車内化粧

化粧しながら運転、重傷ひき逃げの教諭…懲戒免
 佐賀県教委は7日、道交法違反(ひき逃げ)容疑などで逮捕され、略式命令を受けた佐賀市末広、県立中原特別支援学校の徳山珠尾教諭(36)を懲戒免職とし、監督責任で同校の男性校長(58)を文書訓告にした。
 県教委によると、徳山教諭は8月8日朝、同市紺屋町の国道264号を乗用車で出勤中、横断していた女性(75)の自転車に衝突。足や手首の骨を折る重傷を負わせてそのまま走り去り、県警に逮捕された。送検後の同24日、佐賀簡裁から罰金33万円の略式命令を受け、即日納付した。逮捕直後は否認していたが、「化粧をしながら運転していた。まゆをかいていて気づくのが遅れた。怖くなって逃げた」と容疑を認めた。
 徳山教諭は昨年9月に上峰町で物損事故を起こし、校長から口頭で注意を受けたほか、今年6月に運転中の携帯電話の使用などで計2回、道交法違反で摘発されていた。県教委の調査に対し、「教育者としての自覚が足りなかった。謝っても謝りきれない」と話したという。
 処分理由について県教委は「ひき逃げ事故を起こしただけでなく、警察の調べに素直に話さず、学校側にも嘘の報告をしていた。法令違反を繰り返しており、免職は免れないと判断した」と説明した。(以上(2012年9月8日12時14分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120907-OYT1T01431.htm

 車を運転しながら化粧をし、ひき逃げを起こした県立中原特別支援学校の徳山珠尾教諭が、懲戒免職となった。
 しかし、ひき逃げについては、たった罰金33万円の略式命令で済んだと言うのだから、この国の司法は、どのような常識を持っているのだろうか。車を運転しながら眉を描いていて事故を起こし、さらに逃げてもこの程度の罰金で済むのだから、運転中の車内化粧も止められないだろう。このような事件も、化粧をしながらという、まともに運転できる状態ではないのだから、危険運転致傷罪に問うてもおかしくない事件だ。と言うよりも、面倒なことは知らぬ顔をして、過去の判例だけで判断する司法の常識の改革から必要ではないだろうか。このような事件こそ、民間の常識を入れた裁判員裁判にするべきではないだろうか。
 これで、懲戒免職になった徳山珠尾が、処分は重すぎるとして告訴などをしたら噴飯物だ。(No.3411)

|

« 代表選棚に上げてる「近いうち」 | トップページ | 次の総理の訪ロ日程まで決める »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

「美容・コスメ」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55609735

この記事へのトラックバック一覧です: 危険運転にならぬ車内化粧:

« 代表選棚に上げてる「近いうち」 | トップページ | 次の総理の訪ロ日程まで決める »