« OST歌い韓流ほんまもの | トップページ | 鳩山と同じ谷垣のおめでたさ »

提言に仮定ばかりを積み上げる

原発廃炉40年、環境整えば前倒し…民主提言案
 民主党のエネルギー・環境調査会(前原誠司会長)が政府に提出する、エネルギー政策に関する提言案が6日わかった。
 原子力発電所の運転期間を原則40年とする現在の政府方針を改め、「設置から40年以下の原発でも環境が整えば停止させる」べきだとした。将来の原発比率については、「原発ゼロ社会を目指す」と明記している。
 同日中にも民主党案として最終決定する。政府はこの提言などを踏まえ、10日にもエネルギー政策を最終決定する方針だ。
 今国会で成立した改正原子炉等規制法は、運転開始から40年を過ぎた原発を原則として順次廃炉にすると定めている。これを厳格に適用すると、「原発ゼロ」の達成時期は早くても2050年ごろとなる。(以上(2012年9月6日16時15分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120906-OYT1T00768.htm

 言うだけ番長・前原誠司が会長となってとりまとめた、エネルギー政策に関する提言案が、政府に提出する前に誰かがリーク下らしい。
 まあ、ルール無用の民主党だ。筋を通すのならば、先に政府に提出した上で公表するのが筋だろうが、筋論に無縁の言うだけ番長・前原誠司からすれば、俺の成果だと一日も早く公表したいのだろう。この提言には、臭いものに蓋をするという仮定の上に仮定を積み上げただけの空論だ。原発を廃止するのであれば、核のゴミ・核燃料の最終処分場が不可欠だ。しかし、核の最終処分場は頬被りして好き勝手な提言をまとめているのだから、やるだけ時間の無駄というものだ。言うだけ番長・前原誠司が、地元の京都府に核の最終処分場を誘致したのならば、「言うだけ番長」の肩書きは取ってやるが、一番何が大切かという観点の欠如した言うだけ番長・前原誠司にとりまとめをさせても、糞の役にも立たないことすら、民主党政権にその認識がない。
 民主党の机上の空論で、世の中をもてあそぶのはもう止めるべきだ。どちらにしろ、総選挙で、半分以上の議員は失業するのだ。それでも、世論調査では100名近くの民主党議員が生き残りそうだというのだから、世論も分からないものだ。(No.3409)

|

« OST歌い韓流ほんまもの | トップページ | 鳩山と同じ谷垣のおめでたさ »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55595240

この記事へのトラックバック一覧です: 提言に仮定ばかりを積み上げる:

« OST歌い韓流ほんまもの | トップページ | 鳩山と同じ谷垣のおめでたさ »