« メイドインコリアのエンブレムだけスズキ | トップページ | 着実に準備の進むオスプレイ »

神風が吹くのを待っている政府

中国監視船6隻、尖閣領海に次々侵入…過去最多
 14日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海内に、中国国家海洋局所属の監視船「海監」6隻が相次いで侵入した。
 同諸島の領海では過去にも中国当局の船舶が侵入を繰り返しているが、海上保安庁によると、6隻が同時に領海に侵入するのは過去に例がないという。政府が11日に同諸島の魚釣島など3島を国有化したことに対する対抗措置とみられる。
 同庁などによると、同諸島の大正島周辺では、午前6時18~20分頃、監視船の「海監51」「海監66」が北北東約22キロの地点から領海に侵入。
 さらに、大正島から西に約85キロ離れた同諸島の久場島周辺では、同7時6~15分頃、「海監50」「海監26」「海監27」「海監15」の4隻が領海に侵入した。
 大正島周辺の2隻はいったん、同7時48分頃に領海を出た。午前11時現在、久場島周辺の4隻は領海外に出たが、大正島周辺の2隻が再び、魚釣島沖の領海内に侵入したという。(以上(2012年9月14日14時31分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120914-OYT1T00249.htm

 民主党バカ政権が、尖閣諸島の国有化をして初めてとなるが、中国の監視船が領海侵犯を犯した。
 しかし、海上保安庁は警告を発するしか手立てがないのだ。ここまで悪くなった日中関係に触れたくない民主党バカ政権は、外務省が抗議をするだけで、実力行使など考えていないらしい。しかし、尖閣の国有化をすれば、中国がどう出るかぐらいの予想を立てていても良さそうなものだ。そうすれば、どう対処するか、自ずと決まってくるはずだが、何事もやってみて、実際の反応を見なければ理解できないのが野田豚の脳みそだ。豚以下の脳みそと言っても過言ではない。ましてや、政治屋としても失格だ。中国船が領海侵犯を行ったら、警告後、機銃照射でもするぐらいの権限を海上保安庁に与えてから、国有化を宣言するべきだったと私は考える。
 危ない思いをしているのは、玄葉の保安官だけで、永田町で代表選にうつつを抜かしている野田豚に何が分かろうか。台風による神風でも吹いて、中国の監視船が難波することを祈ってでもいるのだろうか。(No.3417)

|

« メイドインコリアのエンブレムだけスズキ | トップページ | 着実に準備の進むオスプレイ »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55656558

この記事へのトラックバック一覧です: 神風が吹くのを待っている政府:

« メイドインコリアのエンブレムだけスズキ | トップページ | 着実に準備の進むオスプレイ »