« 行革で廃止を削減で済ます | トップページ | 言動が支離滅裂になる枝野 »

解決の糸口さえも拒絶する

国交正常化40周年、日中首相の祝電交換見送り
 【北京=大木聖馬】日中国交正常化から40周年にあたる29日、野田首相と温家宝首相の間での祝電の交換が見送られ、外相間の交換にとどまったことがわかった。
 北京の日本大使館が明らかにした。
 2002年の30周年、07年の35周年には、日中の首相間で祝電が交換され、関係強化を互いに呼びかけあった。玄葉外相と楊潔?(よう・けつち)外相の間では29日、祝電が交換されたが、祝電の文言について同大使館は「祝意を示すもの」とだけ説明し、具体的な内容は公開しなかった。
 同大使館前は、この日も武装警察がバリケードを敷いて抗議デモへの警戒に当たり、物々しい雰囲気が漂った。40周年の祝賀ムードは全くなかった。(以上(2012年9月29日20時11分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120929-OYT1T00800.htm

 野田豚が、日中国交正常化40周年に温家宝首相に祝電を送らなかったという。
 双方からの交換が行われなかったと言うが、例え中国が送ってこなくても祝電を送るべきだったと私は考える。それでなくても、民主無能政権の外交のパイプは皆無に近い。些細なことかも知れないが、解決の糸口となるかも知れないチャンスを野田豚は逃したのだ。とにかく今は対話しなければならない時に、そのチャンスさえ生かすことができないのだから、野田豚も野田豚のお取り巻きもバカ以外の何物でもない。形式的な祝電でも打つぐらいの度量が欲しいものだ。
 ここまで、こじれた外交問題を民主無能政権で解決できると思えない。中国が党大会

|

« 行革で廃止を削減で済ます | トップページ | 言動が支離滅裂になる枝野 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55779247

この記事へのトラックバック一覧です: 解決の糸口さえも拒絶する:

» 吉田カレリン超え13連覇 日中国交正常化40周年も…対立の解決糸口見えず [自分なりの判断のご紹介]
Fiscal Yearの 半分、9月30日になり ました。 昨日は日中国交正常化 40周年でしたが。 日中国交正常化40周年も…対立の解決糸口見えず 日本と中国は29日、国交 正常化40周...... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 16時16分

« 行革で廃止を削減で済ます | トップページ | 言動が支離滅裂になる枝野 »