« 訪ロこそ「近いうち」にで済む話 | トップページ | へらへらと李明博とは握手する »

フクシマは枕詞にする細野

「首相の座、考えられない」 細野氏、講演で心情吐露
 「私自身の中で自らこれ(首相)をやってみようとの思いは、率直に言って最後までなかった」。民主党代表選への立候補を見送った細野豪志環境相は8日、茨城県日立市での講演で自らの心情を吐露した。
 細野氏は「41歳で12年間しか国会議員をやっていない。この私が党代表となって総理になることは通常考えられない」と語る一方、「それぐらい民主党は厳しい状況になっている。悩みに悩んだ」と語った。
 細野氏は7日、野田佳彦首相に立候補見送りを伝え、代表選では首相を支持する考えを表明。細野氏は講演でも「野田総理の決断する政治はすばらしい」と評価しつつも、「それだけじゃ駄目。国民一人一人に語りかける対話が必要だ」と注文をつけた。(以上(朝日新聞2012年9月8日18時45分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0908/TKY201209080319.html

 「福島の問題に背を向けることはできない。代表選と福島の問題の両立は難しい」とほざいた細野だが、フクシマのことは棚に上げて講演をする暇はあるらしい。
 これで、細野豪志の政治生命は絶たれたと同じことだ。野田豚にすり寄って、これまで以上に、何かにあれば震災被災地を人質にして、政権に居座り続ける野田豚を支持した以上、売国奴の称号を与えても良かろう。細野も言っているように、野田豚は国民に語りかけると言うよりも、国民に何も説明せずに、俺の考えを悟れという態度だ。例え、野田豚が民主党代表に再選されようとも、「近いうちに」と約束した谷垣お坊ちゃまが自民党総裁になれなくても、野田豚に対する参院の問責決議は有効だ。それ故に、党首選の秋休みで1ヶ月、国会を空転させて1ヶ月、総選挙をやって40日と野田豚が居座ることによって、国政の空白期間が生まれるのだ。
 細野も、陰で蠢く輿石ミイラ他、民主党重鎮という老害どもに押さえつけられたようだが、講演をする暇があるのならば、がれき処理でもやったらどうだろうか。(No.3411-2)

|

« 訪ロこそ「近いうち」にで済む話 | トップページ | へらへらと李明博とは握手する »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

大変ご無沙汰です。毎日政治に怒っていますが川柳はさぼっています(笑)

「立候補しないというならするだろう」(橋下への駄句)

投稿: ガリレオ(広内) | 2012年9月 9日 (日) 17時16分

ガリレオ様
 お久しぶりです。またご無沙汰をして申し訳ありません。やはり時事川柳の醍醐味は、権力に対する批判精神だと思います。

投稿: 獏眠 | 2012年9月18日 (火) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55609740

この記事へのトラックバック一覧です: フクシマは枕詞にする細野:

« 訪ロこそ「近いうち」にで済む話 | トップページ | へらへらと李明博とは握手する »