« 韓国でばらして輸出するマツダ | トップページ | アメリカに見放されたら四面楚歌 »

代表選勝って大きな勘違い

野田首相、24日までに党役員人事…内閣改造も
 野田首相は21日午後、民主党代表選で再選を決めた後のあいさつで、国連総会に出席する前に党役員人事を行う方針を明らかにした。
 首相は、24日から国連総会に出席する予定だ。その後の記者会見で、「来週月曜日(24日)の夕刻にはニューヨークに向かう。それまでの間に、執行部の間でも枢要な役割は選任し、それから向かいたい。輿石幹事長とよく相談し、自分なりの考えをまとめたい」と述べた。
 記者会見では、また、「内閣のより機能強化をはかる」とも語り、内閣改造を行う考えも明らかにした。
 衆院選挙制度改革については、1票の格差是正に加え、定数削減に強い意欲を示した。首相は「定数削減はやらなければいけない。社会保障・税一体改革を進める際に、多くの国民の声は、『まずは隗より始めよ』を示してほしいということだ」と語った。
 今年度の補正予算の編成については、「経済情勢を良く分析しなければいけない。現段階で補正を明確に言える状況ではない」と話した。(以上(2012年9月21日15時39分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120921-OYT1T00958.htm

 民主党党員・サポーターぐるみの茶番劇である民主党代表選挙が行われて、野田豚がダントツ一位で再選された。
 しかし、野田豚以下民主党議員は、大きな勘違いをしているのではないかと言うことだ。それは、解散総選挙で国民の信を得たのではなく、民主党内のコップの中で信を得ただけのことだ。そして、野田豚には問責決議が可決されているので、3党合意云々抜きに野党と談合して政治を前に進めるなどあってはならないことだ。定数削減などやる気になればできた話で、民主党が中途半端な45議席減などに固執せず、0増5減で採決を取れば成立していた話で、ここまで、先送りしてきたのは民主党ただ1党が悪いだけだ。また、補正予算編成にまで欲を出しているが、自民党が総裁を変えたからと言って問責決議を反故にするなどはあってはならないことだ。3党党首が会談することは、いつ野田豚が辞めるかそれだけに絞るべきだ。野田豚は民主党代表選挙で禊ぎが済んだぐらいに思っているのかも知れないが、何一つとして変わっていない。さらに、臨時国会前に内閣改造を行うのは良いにしても、大臣のお勉強会に1ヶ月も掛けて貰っては困る。選挙管理内閣である以上、一応誰かがポストに居座っていれば済むことだ。
 歩く国賊・菅直人は、退陣の条件を示してそれが達成された時点でちゃんと辞職した。野田豚は消費税増税を成し遂げた以上、無条件で解散総選挙を行い、民主党を壊滅的な破滅に追い込むべきだ。(敬称は付ける価値がないので省略)(No.3423-5)

|

« 韓国でばらして輸出するマツダ | トップページ | アメリカに見放されたら四面楚歌 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55710872

この記事へのトラックバック一覧です: 代表選勝って大きな勘違い:

« 韓国でばらして輸出するマツダ | トップページ | アメリカに見放されたら四面楚歌 »