« 仙谷の放言法律で守られる | トップページ | 全身を投げ打つ時は既に過ぎ »

加害者に有利な科学的根拠

18歳以下1人が甲状腺がん 福島健康調査8万人分析 放射線の影響は否定
 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会が11日開かれ、事故発生当時18歳以下を対象とした甲状腺検査について、1人が甲状腺がんと報告された。
 甲状腺検査の対象は約36万人で、これまで結果が判明したのは約8万人。
 福島県立医大の鈴木真一教授は「チェルノブイリでも甲状腺がんは(発生まで)最短4年。福島では広島、長崎のような外部被ばくや、チェルノブイリのような内部被ばくも起きていない」と述べ、放射線の影響を否定した。
 これまでの調査で425人が「一定の大きさのしこりなどが見られるため2次検査が必要」とされた。60人が2次検査を受け、うち38人の結果が判明。この中の1人ががんと判断された。(以上(MSN産経ニュース2012.9.11 17:35)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120911/dst12091117360018-n1.htm

 とうとう、原発菅災の放射線影響調査で、18歳以下の甲状腺がんの患者が見つかった。
 福島県立医大の鈴木真一は、詳しく患者を調べることもせずに、原発菅災の影響ではないと決めつけた。理由としては、チェルノブイリでも発症までに4年掛かっているので、それよりも前なら原発菅災ではないという非科学的な根拠だ。フクシマの被曝者の被曝線量さえも測定することを放り出した政府に、科学的根拠という資格があるのだろうか。科学的根拠を測定できる体勢を作らなかった民主党政権こそ、故意に科学的根拠を無くそうとしているのだ。広島の被爆者でも、未だに「黒い雨」に遭った人たちに国は被爆者手帳の交付をしないのだ。そして、交付をしない理由として「科学的根拠がない」とほざくのだ。要するに、科学者でもない被害者に、科学的な根拠を示せと言う無理難題を押しつけて被爆者認定を拒んでいるのだ。今回のフクシマの被曝者も同じことが言える。加害者である東京電力と政府に否定する科学的根拠を出させて、それを評価する必要があるのであって、被害者に証明させて、証明ができないから被曝認定をしないことこそ、日本の国政を根底から変えなければならない理由だ。
 それにしても厚労相の小宮山の糞ババアは一切コメントも出していないが、代表選の蚊帳の外でも、烏合離散に忙しいようだ。(No.3414-3)

|

« 仙谷の放言法律で守られる | トップページ | 全身を投げ打つ時は既に過ぎ »

健康」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55640543

この記事へのトラックバック一覧です: 加害者に有利な科学的根拠:

« 仙谷の放言法律で守られる | トップページ | 全身を投げ打つ時は既に過ぎ »