« 朝鮮に押しつけてない気象庁 | トップページ | 日本人よりイオン心配する岡田 »

アメリカにノーとは言えぬオスプレイ

オスプレイ安全宣言へ 野田政権 高度制限、米と一致
 野田政権は、米軍新型輸送機オスプレイの日本国内での飛行を認める「安全宣言」を19日にも出す方針を固めた。日米の外務、防衛当局で構成する日米合同委員会で、飛行ルールについて大筋合意した。米軍はオスプレイを一時駐機中の岩国基地(山口県岩国市)から普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に移し、10月中に本格運用する方針だ。
 合同委では、低空飛行訓練の最低高度を150メートルとし、普天間飛行場での夜間飛行回数を従来のヘリの回数並みにすることで一致。回転翼を前傾させる「転換モード」への切り替えも、飛行場の上空で行うのを基本とする方向だ。この内容は18日に野田佳彦首相に報告される予定。
 玄葉光一郎外相とパネッタ米国防長官は17日の会談で「合同委での議論の大きな進展」を確認。パネッタ氏は記者会見で「オスプレイは日本の防衛にとって重要だ。地元の懸念を踏まえ、安全な運用に十分配慮したい」と語った。
     ◇
 〈オスプレイの低空飛行訓練〉 米海兵隊は普天間飛行場へのオスプレイ配備にあたり、飛行訓練の経路として東北―信越の山間部中心の3ルートのほか、四国―紀伊半島と、九州、奄美諸島に各1ルートの計6ルートを明示。ほかに1ルートがあるが「公開できない」としている。(以上(朝日新聞2012年9月18日5時50分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0918/TKY201209170471.html

 民主党政権の外交音痴がもたらした三面楚歌の状態だが、ほくそ笑んでいるのはアメリカだろう。
 民主党政権は、アメリカのご機嫌を損ねないようにという配慮からか、オスプレイの安全性を明確にするよりも先に、オスプレイの運用について検討をしているというのだから、日本の国益など野田豚に守れるはずもない。それに、オスプレイの飛行訓練としてルートが決まっているが、1ルートは公開できないとしているのは、訓練ルートが国防の機密に当たる訳でもないのに、国民を愚弄している以外の何物でもない。
 民主党の土下座外交が、どれだけ日本の国益を損ねているか、まだ、分からず脳天気な民主党とすれば、野田豚の再選を進めているが、野田豚になってどれほどの有形無形の国益が損なわれたかを考えれば、野田豚を代表選に出すこと自体、民主党には統治能力が欠如しているとしか言いようがない。(No.3420-3)

|

« 朝鮮に押しつけてない気象庁 | トップページ | 日本人よりイオン心配する岡田 »

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55687097

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにノーとは言えぬオスプレイ:

« 朝鮮に押しつけてない気象庁 | トップページ | 日本人よりイオン心配する岡田 »