« 老害が若い人へと自民党 | トップページ | 少女時代(ソニョシデ)のダンス振り付けは日本製 »

予備費なら地方に回せ民主党

尖閣国有化、月内合意へ調整=20億5000万円で直接購入-政府
 政府は3日、沖縄県・尖閣諸島の国有化に向けて、魚釣島、北小島、南小島の3島を直接買い取る方向で、地権者側と最終調整に入った。今月中の合意を目指しており、購入額は20億5000万円となる見通し。関係者が明らかにした。買い取り費用は、2012年度予算の予備費から充てる方針だ。
 藤村修官房長官は同日の記者会見で、「さまざまなレベルで、地権者とやりとりしている。地権者は売りたい意向がある」と述べ、東京都への売却を優先するとみられていた地権者が国への売却に前向きであることを明らかにした。 
 尖閣諸島をめぐり、政府は「平穏かつ安定的な維持管理」のため、現在は賃借している3島を買い取って国有化する方針で、地権者と交渉を進めてきた。国に先立ち購入の意向を示している石原慎太郎東京都知事は、10月にも再調査のため同諸島を自ら訪れる姿勢を示していることから、政府は早ければ月内に地権者と合意し、国有化を実現したい考え。都が購入のために集めた寄付金約14億円の扱いも、今後の課題となりそうだ。
 政府は国有化しても、領有権を主張する中国などの反発を考慮し、石原知事が野田佳彦首相に求めた漁船の避難港整備などには応じない方針。ただ、中国などが国有化自体に態度を硬化させるのは確実だ。一方、石原知事も3日、都内で記者団に「無礼というか卑劣というかペテンだ」と語り、野田政権の対応を批判した。(以上(時事ドットコム2012/09/03-18:12)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012090300695

 尖閣諸島をどうするかなどロードマップも描けない民主無能政権が、こともあろうか尖閣諸島を買う費用として予算の予備費を充てると言うのだから、呆れてものも言えない。
 それでなくても赤字国債が発行できずに、地方への交付金の交付を遅らせるなどと国民を人質に取っている民主極悪政権だ。20億円の支出が予備費からできるのならば、先に、交付金の不足分を予備費で賄うのが常套手段だろう。それさえせずに、交付金の支給ができないのは、野党が民主党のばらまき予算を承認しないからだと責任転嫁しているのだから、どうしようもない最悪政権だ。また、尖閣諸島の所有者が東京都に対して上陸の同意書を発行しなかったのは、政府が地権者に対して、賃貸契約の違反をちらつかせて断念させたらしい。
 おかしなことばかりやっている民主党政権に、政権担当能力は欠如している。国会を空転させて、盆休みから直ぐに秋休みにした国民からそっぽを向いた上、責任意識の欠如した民主党政権に日本の国益を守るなどということは無理だ。民主党代表選挙などと言う自分たちの都合だけで、無為な時間を過ごすことはないのだ。次期臨時国会冒頭などと言わず、今すぐ、解散総選挙をやって、政治が途切れないようにするべきだ。(No.3406-3)

|

« 老害が若い人へと自民党 | トップページ | 少女時代(ソニョシデ)のダンス振り付けは日本製 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55578949

この記事へのトラックバック一覧です: 予備費なら地方に回せ民主党:

« 老害が若い人へと自民党 | トップページ | 少女時代(ソニョシデ)のダンス振り付けは日本製 »