« 反日デモは毛沢東で〆にする | トップページ | 高齢で猶予求める踏み違え »

安倍よりも先に町村壊れてる

町村氏が入院、総裁選は「医者と相談する」
 自民党総裁選(26日投開票)に立候補している町村信孝元官房長官(67)が体調を崩し、18日夕に都内の病院に入院した。
 町村陣営の細田博之元官房長官が19日午前、党本部で記者会見して明らかにした。町村氏は19日の総裁選の行事をすべてキャンセルした。
 細田氏によると、町村氏は18日夕、神戸市での街頭演説を終えて帰京する際の飛行機内で気分が悪くなり、その後、検査のため入院した。19日も検査入院を続けているという。細田氏は、町村氏が総裁選をとりやめる可能性について「今後は検査結果などを踏まえ、医者と相談することになる」と述べるにとどめた。「電話の様子では町村氏は普段と変わらない。(総裁選を続ける)意欲はあると思う」とも語った。
 自民党総裁選では19日午前、東京・有楽町の日本外国特派員協会で候補者の討論会が行われ、町村氏を除く4氏が出席した。(以上(2012年9月19日11時25分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120919-OYT1T00521.htm

 町村信孝が、自民党総裁選挙を前に壊れたようだ。
 検査入院と言うが、検査入院と言えば自民党の老害の逃げ口上以外の何物でもない。本人の意欲うんうんの問題ではないことは、安倍死ん三のことを考えれば直ぐに分かることだ。今回の自民党総裁選挙は、日本維新の会の準備が整うまでの「近いうち」に解散さえすれば、漏れなく日本国の総理の座が転がり込んでくると考えられている肩書きだ。しかし、町村が総裁選挙から手を引けば、自民党議員票は、町村の分が安倍死ん三に流れるとなれば、総裁選挙の風向きも変わってくるかも知れない。
 5人の候補全員が世襲議員以上だが、政権を投げた安倍死ん三にだけは総裁になって貰いたくない。(No.3422)

|

« 反日デモは毛沢東で〆にする | トップページ | 高齢で猶予求める踏み違え »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55697127

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍よりも先に町村壊れてる:

« 反日デモは毛沢東で〆にする | トップページ | 高齢で猶予求める踏み違え »