« 総裁を選ぶ基本は消去法 | トップページ | 選挙区は無視して進む茶番劇 »

見通せぬバカが総理でいる不幸

全て見通せぬ…首相、原発ゼロあいまいさ認める
 野田首相は16日のNHKの番組で、2030年代に原発稼働ゼロを目指すとした政府の「革新的エネルギー・環境戦略」について、「謙虚に柔軟性を持たなければいけない」と述べた。
 理由として、「核燃料サイクルの問題、国際社会との関係があり、再生可能エネルギー、将来の国際的なエネルギー情勢も全て見通せるわけではない」と語った。首相自ら、原発ゼロを目指す戦略のあいまいさを認めた格好だ。(以上(2012年9月17日09時11分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120916-OYT1T01012.htm

 2030年原発ゼロとほざいた野田豚だが、実際には、建設許可した原発は稼働させると言った時点で、論理が破綻している。
 それに対して屁理屈を並べて、自己弁護に終始しているのだからどうしようもない状態だ。民主党は、全体のシステムとして考えるという思考回路が欠如している。ひとつを変えれば、他の事項に影響を与えるという発想自体が欠如しているのだ。それゆえに、原発建設もそうだし、核燃サイクルもどうするかすら考えておらず、青森県知事に言われて初めて気づくという体たらくだ。
 しかし、ここまで国民を欺き続けた野田豚を民主党は党代表として再選させようとしている。これは、民主党による自殺行為だと、野田豚が再選してみないと分からないらしい。(No.3419-2)

|

« 総裁を選ぶ基本は消去法 | トップページ | 選挙区は無視して進む茶番劇 »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55678281

この記事へのトラックバック一覧です: 見通せぬバカが総理でいる不幸:

« 総裁を選ぶ基本は消去法 | トップページ | 選挙区は無視して進む茶番劇 »