« 泥棒が逃げて対処を考える | トップページ | 前原の前に安住が言っている »

野田流の親書で済ます大事件

野田首相親書に反論の方針=「無視は不適切」と判断-韓国報道
 【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは19日、野田佳彦首相が李明博大統領宛てに、竹島の領有権問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を伝える親書を送ったことについて、反論する書簡を送る方針だと伝えた。
 ただ、今後の日本の出方などを見極めた上で、送る時期や内容、トーンなどを調整する。
 韓国政府は、首相の親書への対応として、回答せずに無視する案や韓国の立場を示して反論する書簡を送る案を検討してきた。
 しかし、対応しない場合、竹島に関する日本の主張を認めるという印象を与えかねないと判断。政府関係者は「首相名義の書簡に対応しなかったり、書簡を送り返したりすることは、不適切であり、反論の書簡を送るのが適切だと考えている」と述べた。 
 野田首相は17日に送った親書で、大統領の竹島上陸や天皇陛下に謝罪要求した発言に遺憾の意を示すとともに、ICJに提訴する方針を伝えていた。(以上(時事ドットコム2012/08/19-16:34)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012081900113

 野田豚は、李明博が隠岐の島町竹島を違法上陸した件で、李明博に逮捕状を出す訳でもなく、小泉元総理のように記者会見を開く訳でもなく、国民に内容を知らせない親書でことを済ませようとしている。
 親書の中で、遺憾の意を示したらしいが、遺憾の意とは「残念」位の意味でしかない。それよりも、野田豚は、誰も知られない親書の中で土下座をしているかも知らない。何しろ、国会演説中に水を飲むのでも朝鮮飲みをするぐらい、朝鮮かぶれなのだ。
 ICJの提訴に同意しなければ、現代の李氏朝鮮政権が治めている地域には、渡航禁止処置にした上で、韓国航空機の国内乗り入れを禁止するべきだ。そうすれば、ソウルの明洞を中心とした日本人観光客を目当てとした商店街がシャッター街となるだろうし、地方空港に乗り入れているアシアナ航空が倒産するかも知れない。
 どれだけ、日本が憤慨しているかを現代の李氏朝鮮政権に思い知らすには、強硬な外交姿勢以外に手立てはないし、決して許されないことをしたことを思い知らすべきだ。(No.3391)

|

« 泥棒が逃げて対処を考える | トップページ | 前原の前に安住が言っている »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55460689

この記事へのトラックバック一覧です: 野田流の親書で済ます大事件:

« 泥棒が逃げて対処を考える | トップページ | 前原の前に安住が言っている »