« 韓国に一時帰国も見透かされ | トップページ | マニフェスト何を書いても空手形 »

マニフェスト詐欺もおわびで済ます野田

政権公約にない消費増税、おわびしたい…首相
 野田首相は10日夜、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法が成立したことを受け、首相官邸で記者会見した。
 首相は冒頭、「消費税を引き上げること、国民の皆様に負担をお願いすることは2009年の総選挙で民主党は勝利したが、マニフェストには記載していなかった。この機会に深くおわびしたい」と述べた。
 衆院解散・総選挙の時期を巡り、「近いうちに国民に信を問う」とした民自公3党首合意について、首相は「(解散)時期を明示するのはふさわしくない。(近いうちというのは)それ以上でもそれ以下でもない」と話した。
 9月の民主党代表選について、首相は「9月8日まで国会会期があり、まずは(特例公債法案など)重要法案を処理する。代表選うんぬんは考えていない」と述べた。(以上(2012年8月10日19時11分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120810-OYT1T01097.htm

 野田豚総理が、10日夜に記者会見を開いて、消費税増税に対するマニフェスト詐欺をおわびした。
 よく言われるが、謝って済むなら警察は要らないのだ。マニフェスト詐欺は、有権者全員を騙した詐欺罪に問われるべき内容だ。それを記者会見でお詫びすれば全て許されるなどと考えている野田豚の頭が如何にお粗末かを示している。民主党の今の戦略は、今国会をのらりくらりで過ごして、民主党代表選挙で代表を取り替えれば、解散総選挙などしなくて済むという算段だろう。何しろ、民主党議員の一番怖いことは、国民に信を問うことであり、国民に信を問うことのできないことをやってきたという自覚だけは存在しているようだ。
 お詫びなど要らぬから、さっさと解散総選挙をやって、民主党を空中分解させることこそ、有権者への信義を尽くすことになるのだ。(No.3382-3)

|

« 韓国に一時帰国も見透かされ | トップページ | マニフェスト何を書いても空手形 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55397582

この記事へのトラックバック一覧です: マニフェスト詐欺もおわびで済ます野田:

« 韓国に一時帰国も見透かされ | トップページ | マニフェスト何を書いても空手形 »