« 外交に対応できぬ野田の脳 | トップページ | でっち上げ死刑で済まぬ科捜研 »

無罪放免など許されぬ民主党

魚釣島上陸、香港抗議船の5人を逮捕…沖縄県警
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)に対する中国の領有権を主張し、上陸を目指して航行していた香港の民間反日団体「保釣行動委員会」の抗議船の乗組員7人が15日午後5時半頃、魚釣島に上陸した。
 監視活動を続けていた海上保安庁の巡視船が確認した。沖縄県警は同5時54分、船に戻った2人を除く男性5人を入管難民法違反(不法入国)の疑いで現行犯逮捕した。
 尖閣諸島への外国人活動家の上陸は2004年3月、中国人7人が魚釣島に上陸して以来、8年ぶり。
 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、抗議船は同日午後2時20分頃、同諸島・魚釣島から西約44キロの接続水域(日本領海の外側22キロ)内に、同3時51分には領海内に入った。抗議船には香港や中国本土の活動家ら計14人が乗り込んでいる。
 抗議船には中国国旗や「わずかな土地でも失うことは出来ない。いかなる民族も侮辱するな」と中国語で記された横断幕が掲げられているという。
 巡視船は警告を続けていたが、抗議船が構わず侵入したため船体の接触や放水で針路を変えさせようとしていた。(以上(2012年8月15日18時41分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120815-OYT1T00870.htm

 尖閣諸島漁船衝突事件で、売国奴・仙石由人が逮捕した中国漁船船長を罪も問わずに釈放したツケが回ってきたようだ。
 とうとう、香港の輩が魚釣島に上陸し、沖縄県警が逮捕した。しかし、これからが問題だ。日本の主張を示さず、適当に済ませておきたい民主党政権がどのような行動を起こすかが問題だ。日本人の上陸さえ許可しないどこに主権があるのかという行為を続けている民主党政権によって引き起こされた問題だ。そもそも、海上保安庁を尖閣諸島沖に配備しているのは、日本人を尖閣諸島に上陸させないために配備していると言うのだから、本末転倒だ。もし、仙石由人が中国漁船船長を日本の正式裁判で処罰していれば、このようなことにまで事態が発展していなかっただろう。
 竹島にしても、尖閣諸島にしても、北方領土にしても、全てが民主党の土下座外交によって、どんどん事態が悪化している。外交音痴の朝鮮民族の見方・民主党にこれ以上政権を任せることは、日本の独立にも関わる問題になる。それまでに、民主党政権を国外追放するべきだ。もうその時に来ているのだ。(No.3387)

|

« 外交に対応できぬ野田の脳 | トップページ | でっち上げ死刑で済まぬ科捜研 »

危機管理」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55430257

この記事へのトラックバック一覧です: 無罪放免など許されぬ民主党:

« 外交に対応できぬ野田の脳 | トップページ | でっち上げ死刑で済まぬ科捜研 »