« 前原の前に安住が言っている | トップページ | 許可出さず犯人扱いする政府 »

今すぐに解散すれば済む話

予算編成時、秋の解散は自殺行為…民主・樽床氏
 民主党の樽床伸二幹事長代行は19日、福井市で講演し、「10月から12月は来年度予算編成に取り組まないといけない。こういうときに40日の政治空白を作るのは自殺行為だ」と述べ、秋の衆院解散・総選挙に否定的な考えを示した。
 「解散は4年間は考えるべきものではない」とも述べ、来年8月の任期満了近くが望ましいとの見方を示した。
 一方、前原政調会長は同日のテレビ朝日の番組で「デフレ脱却、経済をよくしていくために、補正予算を組ませていただきたい」と述べ、秋の臨時国会で2012年度補正予算案を成立させた後の解散が望ましいとの考えを示した。(以上(2012年8月20日08時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120819-OYT1T00536.htm

 野田豚が「近いうちに」とほざいて消費税増税を成し遂げたのに、今度は、樽床伸二が予算を組まないといけないから、来年の8月まで政権にしがみつきたいとをほざいたらしい。
 確かに、10月からは来年度予算編成の時期だ。しかし、本日(8月20日)に解散すれば、遅くても10月には新しい政権が予算編成できる時期なのだ。要するに、民主党としては、これで最後の政権だから、できるだけ長く政権にしがみつき、マニフェストに書かれていないことを実行したいと言うのが本音だろう。補正予算にしても、民主党売国政権は、自民党政権が可決成立させた補正予算を組み替えたではないか。それならば、余計なことをせずに、さっさと民主党売国政権は国政から手を引けば済むことだ。まして、来年8月までなどと寝言を言う筋の話ではない。
 また、言うだけ番長・前原誠司が、「補正予算を組ませて欲しい」などとほざいているが、補正予算を組むのは政府であって、民主党ではない。前原が口を出してやらせて欲しいなどという筋の話ではない。政府と党との区別も付かない放言魔・前原誠司がいるからこそ今すぐ解散総選挙が必要なのだ。
 何時、解散をやっても民主党にとっては自殺行為に変わりはない。国民生活を人質にして、延命を謀ろうとする民主党政権には、一日も早くこの世から消えて欲しいだけだ。(No.3391-3)

|

« 前原の前に安住が言っている | トップページ | 許可出さず犯人扱いする政府 »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55466401

この記事へのトラックバック一覧です: 今すぐに解散すれば済む話:

« 前原の前に安住が言っている | トップページ | 許可出さず犯人扱いする政府 »