« 在日も含む法案出す民主 | トップページ | 厳粛に受け止め野望はまだ続く »

被曝者は結婚するなと講演す

内部被曝の人々、極力結婚するな…生態系協会長
 公益財団法人日本生態系協会(東京都豊島区)が都内で開いた政策塾で、池谷奉文会長(70)が行った発言について、福島市議会の佐藤一好市議らが29日、訂正を求めて記者会見した。
 池谷会長は7月9日、佐藤市議ら地方議員約70人が参加した「第12回日本をリードする議員のための政策塾」で講演。市議らの指摘を受け、29日に同協会が発表した講演要旨によると、「内部被曝、これがどうしようもないんでございまして、放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろう」と発言したとされる。
 佐藤市議は「我が耳を疑った。到底容認できない」と強く批判した。一方、池谷会長は読売新聞の取材に、「放射線に注意した上で結婚や出産してほしいという助言で、間違ったことは言っていない。現段階では訂正することは考えていない」と話している。(以上(2012年8月30日10時37分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120830-OYT1T00269.htm

 公益財団法人日本生態系協会の池谷奉文という輩が、都内の政策塾で「被曝者はけっこんするな」という趣旨の発言を行った。
 それならば、ヒロシマ・ナガサキの被爆二世はどうなるというのか。また、「直ちに」問題はないと大本営発表を行った枝野幸男、それを放置した歩く国賊・菅直人の罪はどうするつもりなのだろうか。さらに、池谷奉文という輩は、「訂正することはかんがえていない」ともほざいている。それならば、生態学から言ってこの度の福島原発菅災による被曝被害をどう捉えるのか、きっちり説明するべきだ。
 また、国は、池谷奉文がまともな説明ができない場合、日本生態系協会の財団法人格を剥奪するべきだ。根拠のない話で、国民を惑わす人間には、まず、根拠を示させるべきだ。(No.3401-3)

|

« 在日も含む法案出す民主 | トップページ | 厳粛に受け止め野望はまだ続く »

健康」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55539989

この記事へのトラックバック一覧です: 被曝者は結婚するなと講演す:

« 在日も含む法案出す民主 | トップページ | 厳粛に受け止め野望はまだ続く »