« 無罪放免など許されぬ民主党 | トップページ | コリアンに舐められ切った民主党 »

でっち上げ死刑で済まぬ科捜研

科捜研職員でっち上げ、過去書類で鑑定書捏造か
 和歌山県警科学捜査研究所(和歌山市)の男性研究員が、証拠品の鑑定を行わないまま、繰り返し鑑定結果を捏造(ねつぞう)していたとの疑惑が浮上し、県警が内部調査に乗り出したことがわかった。
 こうした鑑定結果が刑事裁判で証拠採用された可能性もあり、県警は、証拠隠滅容疑などでの立件も視野に、研究員から事情を聞いている。
 捜査関係者によると、この研究員は化学部門を担当。麻薬やひき逃げ事故現場に残された車の塗膜片などの鑑定作業に従事しているが、以前行った同種の証拠品の鑑定書を流用し、件名などを書き換えるなどの方法で複数回、鑑定書をでっち上げた疑いが持たれている。
 刑事裁判で証拠採用された鑑定結果が虚偽とわかった場合、再審につながりかねないことから、県警は、刑事部内の捜査員を投入するなどして、研究員がこれまで関与した鑑定の内容に不審点がないか、調査を進めている。同研究所には約15人の職員が所属している。
 捜査関係者による証拠品の捏造や改ざんは相次いでいる。大阪府警泉南署では、元警部補が飲酒取り締まりで検出したアルコールの数値を捏造していたことが今年3月に判明し、証拠隠滅罪などで起訴された。府警福島署の元警部らも、強盗強姦(ごうかん)事件の現場で採取された吸い殻の紛失を隠そうと、無関係の吸い殻を証拠品にでっち上げたとして、7月に同罪で有罪判決を受けた。
 こうしたことを受け県警は、不適切な証拠の取り扱いがないかなどについて、内部チェックを進めていたという。
 ◆科学捜査研究所=犯罪捜査のため、警視庁と各道府県警に設置されている研究機関。法医学や心理学、化学などの部門に分かれ、鑑識活動などで得られた遺留品や証拠品について、DNA型や血液型の特定、塗膜片などの分析、薬物の検出などを担う。(以上(2012年8月16日07時47分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120815-OYT1T01427.htm

 和歌山県の科捜研職員が、証拠品の鑑定もしないで鑑定結果をねつ造していたことが判明した。
 裁判の証拠として、科学捜査の結果が一番重要視される。その鑑定結果がねつ造されていたと言うことは、紛れもなくえん罪が発生したと考えて良いだろう。もちろん、鑑定結果をねつ造した科捜研職員を懲戒解雇処分にするのは当然だが、非常に悪質である以上刑事裁判を行い、死刑に処するのが適当だと考える。人の人生を左右する裁判の証拠をねつ造した以上、決して許してはならない犯罪だ。また、内部チェックでねつ造が発覚するぐらいだから、外部監査を行えば、鑑定結果のねつ造など山と出るのではないだろうか。
 もしかしなくても、科捜研の組織ぐるみの犯行の可能性を考えるべきだ。(No.3387-4)

|

« 無罪放免など許されぬ民主党 | トップページ | コリアンに舐められ切った民主党 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55434439

この記事へのトラックバック一覧です: でっち上げ死刑で済まぬ科捜研:

« 無罪放免など許されぬ民主党 | トップページ | コリアンに舐められ切った民主党 »