« 脱原発を舐めてかかっている総理 | トップページ | 候補者がみんな逃げ出す民主党 »

民主の牛歩に問責をちらつかす

中小野党、内閣不信任案提出へ 自民は首相問責を検討
 共産、社民、みんな3党の幹事長は2日、新党「国民の生活が第一」と新党きづなの国対委員長に対し、消費税増税法案の参院採決前の内閣不信任決議案提出に同調するよう要請した。両党は党内協議を経て呼び掛けに応じる方針を固めた。3日に5党で党首会談を開き、7日にも提出する方向で調整している。
 一方、自民党幹部会合では20日の採決を提案した民主党への批判が続出、民主党が増税法案の8日の参院採決を拒否する場合は7日にも野田佳彦首相に対する問責決議案を出す方針を確認した。増税法案採決をめぐる各党の駆け引きが本格化した。(2012/08/02 19:33【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080201002227.html

 野田豚政権の牛歩戦術に野党がしびれを切らしたようだ。
 城島に言い訳させているが、とにかく消費税増税法案の採決を先送りすることで、余計な法案まで可決させようというのが野田豚総理の戦略らしい。さらには、来年度予算まで決めたいというのだから厚顔無恥も限度があるというものだ。とうとう自民党は、8日の消費税増税法案の参院採決を野田豚総理がやらないのであれば、7日に参議院に問責決議を出すことを決めた。野田豚総理の残された選択肢は、8日に消費税増税法案を可決成立させて花道を飾るか、先送りして消費税増税法案まで廃案にするかのどちらかしか無くなった。そもそも、「不退転」とか「政治生命を賭ける」とまで言った消費税増税法案を人質にして、その他諸々の法案までこの際だから全部通してしまおうなどと言う魂胆が汚すぎる。
 野田豚総理は、民主党政権最後の法案の採決を8日に行って、政界から去るべきだ。(No.3374-2)

|

« 脱原発を舐めてかかっている総理 | トップページ | 候補者がみんな逃げ出す民主党 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55340789

この記事へのトラックバック一覧です: 民主の牛歩に問責をちらつかす:

« 脱原発を舐めてかかっている総理 | トップページ | 候補者がみんな逃げ出す民主党 »