« 野田流の親書で済ます大事件 | トップページ | 今すぐに解散すれば済む話 »

前原の前に安住が言っている

前原氏が強く韓国批判…通貨交換協定見直しも
 民主党の前原政調会長は19日、テレビ朝日の番組で韓国の李明博大統領の竹島訪問や天皇陛下訪韓に関する発言を強く批判した。
 そのうえで、金融危機時に通貨を融通し合う日韓の通貨交換(スワップ)協定について「今回の問題を受けて、大局的な判断の中で10月末に延長すべきか決めるべきだ。全く別だと切り離す必要はない」と述べ、見直しを検討すべきだとの考えを示した。
 また、香港の活動家らが尖閣諸島に不法上陸した事件について「日本の国内法整備ができていない面もある。必要なものについてはしっかり取り組んでいかなければならない」と述べ、領海警備や海洋権益保護のための法整備が必要だとの考えを強調した。(以上(2012年8月19日19時09分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120819-OYT1T00501.htm

 野田豚が記者会見を開いて、李明博を罵倒する訳でもなく、親書を渡しただけで済まそうとしている竹島問題だが、一言居士・言うだけ番長・前原誠司は、安住淳が既に言ったことをあたかも自分の意見のようにほざいたらしい。
 在日朝鮮半島出身者から違法献金を受けた言うだけ番長・前原誠司が、よく言うよとしか言いようのない、言論の自由を保障する日本国だ。ホームページも一方的に放言を書き並べるだけで、聞く耳さえ持たぬ言うだけ番長・前原誠司に言論の自由を保障して良いのだろうか。スワップ協定にしても、10月末に延長するかどうか決めるのではなく、今すぐ、この協定を破棄するぐらいの強い態度に出るという考えは、前原の思考回路には無いようだ。
 また、法整備にしても、このような可能性は今始まったことではない。先を見通す力も欠如した民主党売国政権に政治を任せておくこと自体が、日本の国益を損することになるだけだ。(No.3391-2)

|

« 野田流の親書で済ます大事件 | トップページ | 今すぐに解散すれば済む話 »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55466346

この記事へのトラックバック一覧です: 前原の前に安住が言っている:

« 野田流の親書で済ます大事件 | トップページ | 今すぐに解散すれば済む話 »