« 野田政権とは朝鮮民主党 | トップページ | 野田豚が逃げた »

在日は帰って下さい韓国へ

韓国に日本村を造成、在日韓国人の定着支援
ドイツ村と米国村など在外僑胞の村がある慶尚南道南海郡(キョンサンナムド・ナムヘグン)に日本村と観光休養団地が新たに造成される。
  南海郡は24日、郡庁でこうした内容が盛り込まれた事業計画を確定し発表した。
  これによると郡は460億ウォン(約31億円)を投じて日本式住宅、コミュニティセンター、小公園などを備えた住宅団地を作る。また、日本文化体験館、日本食・宿泊体験館、歴史文化館、韓流文化館、僑胞記念館、観光宿泊施設などを作る。郡は地区単位計画策定と基本・実施設計などの手順を経て来年に着工し、2015年に完工する計画だ。
  日本村は日帝強占期に強制徴用などで故郷を離れた後、異国の地に住む在日韓国人の故国定着のためのものだと郡は説明した。郡は昨年10月と今年1月、4月に東京や大阪で入居僑胞を確保するために事業説明会を開いた。これまで67人がここに入居すると申し込んだという。
  2010年に完工した米国村には在米僑胞と家族など21世帯、2006年に完工したドイツ村にはドイツに派遣された鉱夫と看護師ら33世帯が帰国し住んでいる。(以上(2012年07月25日09時45分 [中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/196/156196.html?servcode=A00&sectcode=A10

 何時までも、条約で放棄しながら植民地時代のことを蒸し返すのが韓国人だ。日本を叩くことで自分たちの存在感を感じる自己満足の民族だ。李明博の身内が、悪行三昧をしたからと言って、竹島を使って日本を隠れ蓑にすることは許されないことだ。
 戦後処理が済まない理由は、在日韓国・朝鮮人の存在だ。丁度、韓国が在日韓国人が帰国後居住できるように準備をしてくれている。そこに、全在日韓国人のお帰り頂くのが戦後処理として不可欠だ。在日朝鮮人も、北朝鮮に帰って貰うなり、脱北の手間を省くために、直接韓国に帰って貰っても良かろう。
 日本政府は、これらの施設が完成する2015年を目処に、在日韓国・朝鮮人の帰国事業を進めるべきだ。(No.3381-6)

|

« 野田政権とは朝鮮民主党 | トップページ | 野田豚が逃げた »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55392887

この記事へのトラックバック一覧です: 在日は帰って下さい韓国へ:

« 野田政権とは朝鮮民主党 | トップページ | 野田豚が逃げた »