« 前原は何か言わぬと動けない | トップページ | 何時まで続く国賊菅の放し飼い »

欲張って足蹴にされる不退転

野田首相、党首会談要請 自民の内閣不信任決議案提出方針で
 野田佳彦首相は5日、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案の今国会での成立を図るため、6日に自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表との党首会談を申し入れる方針を固めた。首相周辺が明らかにした。自民党が内閣不信任決議案と首相問責決議案を7日にも提出することで最終調整に入ったためだ。首相は自民党の求める関連法案の8日採決にも応じる構えだが、衆院解散の確約を求める谷垣氏を説得するのは容易ではなく、苦しい立場に追い込まれている。
 首相は5日、広島県福山市内で記者団に、一体改革法案について「輿石(こしいし)東(あずま)民主党幹事長と、先方(自民党)の事情もあるから柔軟性を持って対応しようということで認識が一致した」と述べた。
 不信任案が提出された場合については「与党内がしっかりまとまり、心ある野党と連携しながら粛々と否決する」と述べ、不信任案に慎重姿勢を示す公明党への期待をにじませた。
 首相は6日午前、広島市での原爆死没者慰霊式・平和祈念式に出席し、夕方に帰京する。その後、自民、公明両党に党首会談を申し入れ、内閣不信任決議案の採決に入る前に決着させたい考えだ。
 ただ、解散を避けたい民主党の樽床伸二幹事長代行は5日のNHK番組で「まずは幹事長間でけじめをつけないといけない」と述べ、先に幹事長会談の開催が必要との認識を示すなど、足並みが乱れている。
 自民党の田野瀬良太郎幹事長代行は同じ番組で「国民の生活が第一」など自公両党を除く野党7党が不信任案を提出した場合、「苦渋の決断だが、(独自の不信任案)提出を視野に入れていかねばならない」と述べた。別の自民党幹部も「首相が今国会中の衆院解散・総選挙を確約しなければ3党合意を破棄し、7日にも不信任案と問責案の両方を出す」と明言した。
 衆院に不信任が2案提出されれば、先例で会派勢力の多い自民党案だけが採決される見通しだ。この場合、公明党や7党が賛成し、与党から15人以上が造反に回れば可決する。(以上(MSN産経ニュース2012.8.6 09:41)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120806/stt12080609420003-n1.htm

 自民党の谷垣お坊ちゃまの不退転の決意に、ようやく現実を少し理解した野田豚総理が党首会談を申し込んだそうだ。
 谷垣お坊ちゃまとしても、このままずるずる輿石ミイラの牛歩戦術に付き合っていると自分の首が危ないこと気づいたようだ。それ故に、これだけ強行な行動に出たのだろう。誰でも、自分の首ほどかわいいものはない。それに引き替え、松下売国塾出身で輿石ミイラの腰巾着の樽床伸二などは、まだ現実が分かっておらず幹事長会談が先だなどとほざいている。さすがの野田豚総理でも、輿石ミイラに任せておけば、不退転と称した消費税増税法案ですら闇に葬り去られることを実感しているのだろう。
 四面楚歌の野田豚総理は解散総選挙を確約しなければならないだろう。そして、解散総選挙が行われれば、民主党狩りと松下売国塾出身狩りを行って日本の国政をまともにする必要がある。(No.3377-3)

|

« 前原は何か言わぬと動けない | トップページ | 何時まで続く国賊菅の放し飼い »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55364288

この記事へのトラックバック一覧です: 欲張って足蹴にされる不退転:

« 前原は何か言わぬと動けない | トップページ | 何時まで続く国賊菅の放し飼い »