« 堺市も今や第二の亀山市 | トップページ | 前原はいつも自分は別次元 »

酒気帯びで首にするなと裁判所

前夜の酒で酒気帯び…懲戒免は「違法」
 酒気帯び運転により懲戒免職となったのは違法だとして、千葉県の元県土整備部主幹の男性(58)が県に処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が16日、東京高裁であった。
 三輪和雄裁判長は「処分は社会観念上、著しく妥当を欠き、懲戒権者の裁量権を逸脱し、違法」として、請求を棄却した1審・千葉地裁判決を取り消し、男性に対する懲戒免職処分の取り消しを命じた。
 判決などによると、男性は2007年11月29日朝、前夜に飲んだ酒が残った状態で出勤のため習志野市内でバイクを運転。対向車に衝突する物損事故を起こし、道交法違反で罰金30万円の略式命令を受けた。県は08年1月、職員の懲戒処分に関する規定に基づき、男性を懲戒免職処分とした。
 昨年1月の地裁判決では「酒気帯び運転は重大な法規違反で、厳格な処分には必要性と合理性がある」として請求を棄却したが、三輪裁判長は「飲酒直後の運転ではなく、軽微な物損事故。勤務成績が良好だったことなど、原告に有利な事情を考慮せず、評価を誤った」とした。
 判決を受け、森田知事は「主張が認められず残念。判決の内容をよく検討した上で今後の対応を決めたい」とのコメントを出した。(以上(2012年8月17日11時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120817-OYT1T00044.htm

 酒気帯び運転で事故を起こした千葉県職員が、懲戒免職は重すぎるとして控訴した事件で、同類相哀れむ公務員が裁判を取り仕切る東京高裁で、懲戒免職を取り消すように命じた。
 悪しき前例を作れば、自分たちも危ないというのが裁判官の私利私欲だろう。事故が物損で済んだと言うのは、単に運が良かっただけで、人身事故とか、死者が出たとか関係なく、酒気帯び運転で事故を起こしたという事実だけで判断するべきだ。また、交通事故も死者が出る出ない刑罰が違うのもおかしい話だ。事故を起こして、死者が出る出ないも運の問題であり、悪質な運転がそれで軽くなると言う論理は、論理破綻を起こしている。
 飲酒運転は、確信犯であり情状酌量など考えるべきではない。また、飲酒運転で公務員が懲戒免職になるのは処分が重すぎると裁判所が判決を出しているが、飲酒運転を行えば、漏れなく一族郎党路頭に迷うという重罰こそ、飲酒運転の抑止力になるのではないだろうか。
 飲酒運転は、しなければ済む犯罪だ。それをやった以上、人生設計を狂わせる位の処分は妥当だと私は思う。しかし、裁判官も公務員だ。自分がやった時のことを考えて判例を出しているのだろう。飲酒運転も危険運転致死傷罪にならない限り裁判員裁判にはならないが、公務員の飲酒運転には裁判員裁判を適用して、一般市民の常識という物差しで罪を測るべきだろう。(No.3389)

|

« 堺市も今や第二の亀山市 | トップページ | 前原はいつも自分は別次元 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55444248

この記事へのトラックバック一覧です: 酒気帯びで首にするなと裁判所:

« 堺市も今や第二の亀山市 | トップページ | 前原はいつも自分は別次元 »