« 今すぐに解散すれば済む話 | トップページ | 東京に取られたようなメダリスト »

許可出さず犯人扱いする政府

尖閣上陸10人、沖縄県警が事情聴取 軽犯罪法違反容疑
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の魚釣島に地方議員ら10人が上陸した問題で、沖縄県警は20日、立ち入り禁止の場所に無許可で入った軽犯罪法違反の疑いで10人から任意で事情を聴いた。
 10人は18日、国会議員8人らとともに、戦没者の慰霊と漁業調査のため石垣島の漁港を出航。19日朝に船上で慰霊祭を終えた後、相次いで海に飛び込み、泳いで魚釣島に渡った。島の灯台に日の丸を掲げ、慰霊碑に手を合わせた。海上保安庁が巡視船から船に戻るよう呼びかけ、約2時間後に船に戻った。
 慰霊祭は超党派の議員連盟などが主催した。議連は国に上陸許可を求めたが、野田政権は認めなかった。県警も事前に主催者側に上陸しないよう求め、同意を得ていたという。(以上(朝日新聞2012年8月20日11時11分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0820/SEB201208200008.html

 日本人が10人、魚釣島に上陸した件で、沖縄県警は上陸した10人を任意で事情聴取したそうだ。
 日本人が日本の国土のどこを歩こうとも、それは、日本国民として認められた権利ではないだろうか。バカに付ける薬はないと言うが、あまりにもバカげた話だ。このようなことがニュースになること自体、反日感情を煽るだけだ。それよりも、このようなことは構う方がどうかしている。日本人が軽犯罪法違反容疑ならば、香港人は、軽犯罪法と入国管理法違反の実行犯であり、複数の犯罪を犯したことになるのだから、簡単に国外退去処分で良かったのだろうか。
 上陸した議員連盟は、国に対して上陸許可を求めたが、野田豚売国政権が許さなかったという。ちゃんと、地主代理代行にご挨拶をしているのだから、上陸許可を出さない方が、常識外れも良い所だ。(No.3392)

|

« 今すぐに解散すれば済む話 | トップページ | 東京に取られたようなメダリスト »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55469732

この記事へのトラックバック一覧です: 許可出さず犯人扱いする政府:

« 今すぐに解散すれば済む話 | トップページ | 東京に取られたようなメダリスト »