« 大飯の次は泊で脅すのが政府 | トップページ | 人事案またも民主のブーメラン »

国会で内弁慶が吠えている

首相、韓国大統領に謝罪・発言撤回を要求
 野田首相は23日の衆院予算委員会集中審議で、韓国の李明博(イミョンバク)大統領が天皇陛下の訪韓には謝罪が必要だと発言したことについて、「玄葉外相が言動を改めるようにと抗議した。抗議の中には謝罪、撤回(を要求する意味)が入っているが、改めて謝罪と撤回はやるべきだ」と述べ、李大統領に対し発言の撤回と謝罪を求めた。
 首相は「天皇陛下から韓国を訪ねたいと要請したことはなく、韓国大統領からの招請はあった。事実関係としておかしい」とも指摘し、「発言の中身は相当に常識から逸脱している」と強い不快感を示した。
 李大統領は今月14日、韓国・忠清北道の大学の会合で「(天皇陛下が)韓国を訪問したいならば、独立運動をして亡くなられた方々のもとを訪ね、心から謝罪すればいい」などと述べた。(以上(2012年8月23日16時20分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120823-OYT1T00894.htm

 李明博の竹島上陸と天皇陛下の謝罪について、サッサと記者会見を開いて、声明を出せば済んだ話を親書という姑息な手段で誤魔化そうとした野田豚が、衆院予算委員会で大層なことを宣ったらしい。
 内弁慶ならではの所行の数々だ。李明博を糾弾するのであれば、内外のメディアを集めて記者会見を開いて、堂々と主張をすれば済む話だ。
 常軌を逸しているのは、即座に対応せずに盆休みを満喫していた野田豚の対応ではないだろうか。(No.3395-2)

|

« 大飯の次は泊で脅すのが政府 | トップページ | 人事案またも民主のブーメラン »

危機管理」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55491475

この記事へのトラックバック一覧です: 国会で内弁慶が吠えている:

« 大飯の次は泊で脅すのが政府 | トップページ | 人事案またも民主のブーメラン »