« 何時まで続く国賊菅の放し飼い | トップページ | 舐められたものだ谷垣の不退転 »

東電に公開しろと菅も言う

菅氏「全面公開すべき」と批判 テレビ会議映像で
 東京電力が6日公開した福島第1原発事故発生直後の社内テレビ会議の映像で、一部音声が非公開とされたことについて、菅直人前首相は「事故の解明のため全面的に無条件に公開すべきだ」と批判した。視察で訪れた青森県六ケ所村で報道陣の質問に答えた。
 菅氏が東電本店に乗り込んだ際の音声が公開されなかった。菅氏は「画像は残っているのに音が残っていないのは不自然」と指摘。「(当時の状況を検証する上で)極めて重要な証拠だ。オープンにしてほしい」と全面公開を求めた。(以上(2012/08/06 17:55【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080601002595.html

 歩く国賊・菅直人ですら、東京電力が音声を消している『東電本社菅乱入事件』の全部を公開しろとほざいている。
 歩く国賊・菅直人としては、東京電力に乱入して東電の原発撤退を阻止したかも知れないというのが、唯一の業績だと思っているのだ。東京電力は、歩く国賊・菅直人などに遠慮することなく『東電本社菅乱入事件』を公開するべきだ。そして、歩く国賊・菅直人の唯一とされる業績が真実が否か明確にする義務が東電にはある。歩く国賊・菅直人は、夫婦げんかよりも小さな声でと自分を正当化しているが、東電はマスコミに公開するだけではなく、国民にも『東電本社菅乱入事件』の全容を知らせる義務がある。当時の状況を検証した上で、歩く国賊・菅直人の刑事事件の証拠としても重要なものだ。
 東電が『東電本社菅乱入事件』の音声を出さなければ、読唇術のオーソリティが歩く国賊・菅直人が何をほざいたかを画像から読み解いてくれると思うが、最大の犯罪者である東電に、証拠を出す出さないという判断をさせている大本営・枝野幸男も東電を管轄する経産相として失格だ。東電に1兆円もの公的資金を注入して実質国営化といういい加減なことしか決められないのが民主党政権だ。実質国営化ではなく完全国有化をして、役員全員を入れ替えることが、全ての始まりではないだろうか。また、東京地検特捜部が存続したいのであれば、一日も早く東電の持っている証拠を全て保全するべきだ。
 まして、歩く国賊・菅直人にとやかく言わさないようにすることが、原発菅災被災者への思いやりだと政府は気づくべきだ。(No.3378)

|

« 何時まで続く国賊菅の放し飼い | トップページ | 舐められたものだ谷垣の不退転 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55365660

この記事へのトラックバック一覧です: 東電に公開しろと菅も言う:

« 何時まで続く国賊菅の放し飼い | トップページ | 舐められたものだ谷垣の不退転 »