« マニフェストこれはやらぬと読み替える | トップページ | 謝罪でも民主党ならやりそうだ »

最高の人事で進むマニフェスト

原発依存度、国会会期末までに民主が方向性
 民主党は、2030年時点の原子力発電の比率などのエネルギー政策について、エネルギー・環境調査会を設けて検討する方針を固めた。
 政府のエネルギー・環境会議が検討中の原発依存度「0%」「15%」「20~25%」の三つの選択肢に関し、今国会会期末の9月8日までに方向性を示す。調査会長には前原政調会長が就任し、事務総長に仙谷由人政調会長代行、顧問に菅前首相を起用する方向だ。次期衆院選の政権公約(マニフェスト)に盛り込む。(以上(2012年8月13日16時35分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120812-OYT1T00524.htm

 民主党が、今国会の会期末までに、エネルギー政策の方針をまとめるそうだ。
 その人選がものすごい人罪を集めていることは、目を見張るものがある。まず、調査会長に言うだけ番長・前原誠司、事務総長に尖閣の売国奴・仙石由人、そして、圧巻は顧問に歩く国賊・菅直人という布陣だから、もう、向かう所敵なしだ。この人選を見ただけでも、民主党が次期総選挙に掛ける意気込みが分かる。
 これだけ、日本国内は言うまでもなく、世界の人望の全く無い人間に検討をさせて、マニフェスト詐欺第二弾は間違いなしだろう。(No.3385)

|

« マニフェストこれはやらぬと読み替える | トップページ | 謝罪でも民主党ならやりそうだ »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55415074

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の人事で進むマニフェスト:

« マニフェストこれはやらぬと読み替える | トップページ | 謝罪でも民主党ならやりそうだ »