« 問責は全大臣にして欲しい | トップページ | 言論の自由を謳歌してる菅 »

辻褄を合わせる術のない政府

思わぬ「李明博効果」 河野談話見直し論噴出 
 韓国の李明博大統領による竹島への不法上陸をきっかけに、慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の見直しを求める動きが活発になっている。27日には松原仁国家公安委員長が談話見直しに意欲を表明。背景には、竹島上陸に踏み切った理由として慰安婦問題での「日本の誠意のなさ」を挙げる李氏への反発がある。歴代政権が不可侵としてきた河野談話だが、思わぬ“李明博効果”で国会審議の焦点となっている。(杉本康士)
 「政府が発見した資料には軍や官憲による強制連行を直接示す記述も見当たらなかったとしていることなどを踏まえつつ閣僚間で議論すべきだと提案したい」
 松原氏は27日の参院予算委員会で河野談話を踏襲する政府方針に従う一方、政府内で見直しに向けた働きかけを行う考えを示した。
 河野談話は発表当時から資料的根拠がないと指摘されてきた。平成7年の村山富市首相談話、22年の菅直人首相談話では慰安婦問題への直接的言及はなかったが、歴代政権は河野談話を踏襲。慰安婦をめぐる韓国側からの謝罪要求の根拠ともなってきた。
 しかし、李氏の竹島上陸直後から河野談話への批判が相次ぎ噴出している。
 国会審議では、まず衆院予算委員会で自民党の下村博文元官房副長官らが見直しを要求。新党「国民の生活が第一」の森裕子参院幹事長は27日の参院予算委終了後、理事会で、談話作成に関与した河野氏と石原信雄元官房副長官の参考人招致を求めた。
 自民党の安倍晋三元首相も27日の産経新聞のインタビューで、河野談話などを見直し、新たな談話を発表すべきだとの考えを表明した。
 次期衆院選で台風の目となる「第三極」からも発言が続出。橋下徹大阪市長は24日、談話について「日韓関係をこじらせる最大の元凶」と批判し、石原慎太郎東京都知事も「訳が分からず認めた河野洋平っていうバカが日韓関係をダメにした」と断じた。
 ただし、野田佳彦内閣で談話見直しが実現する可能性は低い。
 27日の予算委で河野談話を引き続き踏襲する考えを示した首相は、昨年12月の日韓首脳会談で「知恵を絞りたい」と発言し、李氏に過剰な期待を抱かせた張本人。李氏の竹島上陸の原因を慰安婦問題とからめることは、自らの失策を認めることに等しいためだ。(以上(MSN産経ニュース2012.8.28 01:23)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120828/plc12082801250003-n1.htm

 河野洋平が歴史認識も無い頭で考えて、韓国に揚げ足を取られている「河野洋平官房長官談話」を見直す方向になった。
 そもそも、韓国が大きな態度になったのは、河野洋平が事実と認識されていない慰安婦問題を謝罪したからだ。李明博が竹島に不法上陸の言い訳に「慰安婦問題」を引き合いに出したことで、見直し論が噴出している。当然、歴史認識に立った上で見直すべきものは見直し、日本の毅然たる態度を示すべきだ。しかし、野田豚は既に、李明博に対して日韓首脳会議で「知恵を絞りたい」と答えているので、使い物にはならない。また、「慰安婦問題」を見直す際には、河野洋平を国会で証人喚問し、どうしてそのような土下座外交のきっかけを作ったのか、河野洋平はまだ生きているので、当然、国民の前でなぜそのような談話を出したかを明らかにするべきだ。国会議員は、例え売国行為であろうとも議員特権で守られている。だが、河野洋平の売国行為は、河野洋平が生きている内に白黒を付けて、河野洋平の口から「私が間違っていました」と謝罪させるべきだ。
 また、李明博の竹島不法上陸については、公安当局が「逮捕状」を出して、李明博が日本に入国した場合、即刻逮捕できるようにしておくべきだ。(No.3400-2)

|

« 問責は全大臣にして欲しい | トップページ | 言論の自由を謳歌してる菅 »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55528558

この記事へのトラックバック一覧です: 辻褄を合わせる術のない政府:

« 問責は全大臣にして欲しい | トップページ | 言論の自由を謳歌してる菅 »