« 八策も開いてみればマニフェスト | トップページ | 7割を無視して進む再稼働 »

教授など叩けばたくさん出るほこり

京大元教授への提供資金、業者は預け金と別管理
 京都大大学院薬学研究科の物品納入をめぐる汚職事件で、贈賄容疑で社長らが逮捕された医療機器販売会社が、元教授・辻本豪三容疑者(59)=収賄容疑で逮捕=への資金提供を、会社の支出として帳簿に記載していたことが東京地検特捜部の調べでわかった。
 特捜部は、架空取引により研究費をプールしていた「預け金」とは区別する形で業者が管理していたことから、元教授への賄賂だったとみている模様だ。一方、元教授は特捜部の調べに対し、「預け金からあてられていると思った」と話しているとされる。
 この業者は、東京都世田谷区の「メド城取」(昨年10月に倒産)。特捜部の調べでは、元教授は入札などで便宜をはかる見返りに、メド社から同社名義のクレジットカードを受け取り、飲食代や電気製品の購入代金、海外旅行費用など約622万円を肩代わりしてもらっていた疑いがある。(以上(朝日新聞2012年8月4日15時17分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/0804/TKY201208040228.html

 京大教授の汚職事件が、明らかになった。
 しかし、この位のことは氷山の一角だろう。少なくとも文科省は、時効まで遡って、予算を一円も残さず使い切った大学教官を全て調べるべきだろう。個人が買い物をしても、1円単位まで使い切るなどできる技ではない。
 私の知っている元H国立大学法人(現T文理大)HK教授が、予算の残金を業者に知らせてそれに見合うものを納品するように指示した場面を見ているし、日本の産業育成のためのNEDOの助成を受けた装置や材料を韓国企業に使わせたことも・・・(No.3376-4)

|

« 八策も開いてみればマニフェスト | トップページ | 7割を無視して進む再稼働 »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55350890

この記事へのトラックバック一覧です: 教授など叩けばたくさん出るほこり:

« 八策も開いてみればマニフェスト | トップページ | 7割を無視して進む再稼働 »