« 厚労省は省内でさえ縦割りぞ | トップページ | 誤魔化したTPPが誤魔化せぬ »

棚上げの張本人の勘違い

「国民の信問うべき」と政権批判 小沢、鳩山氏
 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は29日、仙台市内で開かれた会合で野田政権の消費税増税方針を批判し「民主党が変質したのであれば、あらためて国民の信を問うべきだ。遅くとも半年以内に衆院選になる」と述べた。同じ会合に出席した民主党の鳩山由紀夫元首相も消費税増税に重ねて反発した。
 小沢氏は「民主党はいろいろな約束を全て棚上げし、自民党と増税のための談合をした」と指摘し、社会保障と税の一体改革をめぐる民主、自民、公明3党合意を非難。民主党を離れて新党を結成した経緯に理解を求めた。(以上(2012/07/29 16:36【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012072901001679.html

 これまでの悪行三昧を忘れて、守銭奴・小沢一郎と売国奴・鳩山由紀夫が手を結んだらしい。
 「国民の信を問うべき」というのは正論だ。しかし、何でもできた民主党政権発足時の総理と幹事長が言う言葉ではない。鳩山と小沢が、マニフェストを守る気さえあれば、どのような法案でも、可決成立できた時期の政権を私利私欲で動かした二人に言われる筋合いはない。民主党の民主主義とは、何の責任も取らずに好き勝手言っていれば済む独裁主義に過ぎない。日本の民主主義を守るのであれば、次期総選挙で、小沢と鳩山を国会議員の特権から引き離すことが重要だ。
 守銭奴・小沢一郎も、『反原発』と正論を言うのであれば、どのようにして反原発を実現するのか具体案を示すべきだし、まず、小沢と鳩山は国会で『政治とカネ』のけじめをつけるべきだ。(No.3370)

|

« 厚労省は省内でさえ縦割りぞ | トップページ | 誤魔化したTPPが誤魔化せぬ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55307680

この記事へのトラックバック一覧です: 棚上げの張本人の勘違い:

« 厚労省は省内でさえ縦割りぞ | トップページ | 誤魔化したTPPが誤魔化せぬ »