« 性格の悪い年寄り疾駆する | トップページ | 嘘も方便と官邸の使う嘘 »

フクシマが人災ならば罪を問え

「原発事故は人災」国会事故調が最終報告書
 東京電力の福島第一原子力発電所事故を検証する国会の「事故調査委員会」(黒川清委員長)は5日午前、国会内で会合を開き、最終報告書を決定した。
 今回の事故について、首相官邸の対応などを問題視し、「自然災害ではなくあきらかに『人災』」と位置付けた。また、事故の直接的原因について、「地震による損傷はないと確定的には言えない」と明記し、地震も事故原因の一つである可能性を示唆した。
 報告書は同日午後、衆参両院議長に提出された。黒川氏が記者会見して内容などを説明する予定だ。
 報告書は、計641ページに及んだ。事故原因の分析のほか、「政府の危機管理体制の見直し」など七つの提言から構成されている。
 事故の根源的な原因として、規制当局と東電との関係の「逆転関係」があり、「監視・監督機能の崩壊が起きた」とも指摘した。この結果、事前に災害への対策を行うチャンスを生かすことができなかったとした。
 官邸や規制当局が機能しなかったことで、被害の拡大を招いたとし、首相官邸の対応の問題点に言及。東電本店も現場への支援で不十分な点があったなどと指摘している。黒川氏は会合で、「(報告書の)提言を実行し、改革の努力を尽くすことが国会などの使命だ。報告書が被災者に役立つことを祈念する」と述べた。(以上(2012年7月5日13時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120705-OYT1T00537.htm

 国会の事故調が、福島第一原発事故は『人災』であるとの結論を出した。
 人災と認定された以上、この事故を大きくさせた責任は、口先だけの責任論ではなく刑事責任を問うべきだ。当然のことながら、最悪の犯罪者である国賊・菅直人と菅内閣全閣僚には、懲役刑を放射性物質の除染作業として、全汚染地域の除染が終わるまでの有期刑に処すのが妥当だろう。また、当時の東京電力の全役員、原子力安全保安院の全職員も同じ刑に処する必要がある。さらに、東京で除染をしているという西山英彦も、現地で実際の除染活動に従事させるのだ。
 このまま、犯罪に手を染めた輩を社会に放置することはできない。まずは、国賊・菅直人から、東京地検特捜部の事情聴取のための身柄拘束を国会は承認するべきだ。(No.3346)

|

« 性格の悪い年寄り疾駆する | トップページ | 嘘も方便と官邸の使う嘘 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55127209

この記事へのトラックバック一覧です: フクシマが人災ならば罪を問え:

« 性格の悪い年寄り疾駆する | トップページ | 嘘も方便と官邸の使う嘘 »