« デメリットマイナンバーで考えぬ | トップページ | 不退転増税だけでノーサイド »

言論の自由を謳歌する細野

「菅前首相は日本を救った」と細野環境相
 細野豪志原発事故担当相が、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)の聴取で、昨年3月15日に菅直人首相(当時)が東京電力本店に出向き「撤退はあり得ない」などと言った問題について、「日本を救ったと思っている」と話していることが24日、分かった。民間事故調が同日夜、聴取内容をホームページ(HP)上で公開した。
 事故当時、首相補佐官だった細野氏に対しては、政府事故調や国会事故調も聴取しているが、すべて非公開で、細野氏への聴取内容が公になるのは初めて。
 細野氏は、菅氏について「国が生き残るために何をしなければいけないかの判断は、すさまじい嗅覚がある人」と評価した。そのうえで「私は(菅氏のように作業員に)『残れ』と言うことには躊躇(ちゅうちょ)した。言えない」と述べている。
 民間事故調は、報告書の中で、菅氏のこの時の行動を評価しているが、細野氏のこうした証言が強く影響しているとみられる。
 一方、政府が作成しながら公表せず、批判された「最悪シナリオ」については、細野氏が作成を指示したと証言。公表しなかった理由については「数カ月かけて深刻な影響を及ぼすもので、その間に対応できると判断した」と説明した。
 民間事故調は細野氏のほか菅氏▽枝野幸男経済産業相▽海江田万里前経産相▽福山哲郎元官房副長官-の4人の聴取内容も同日、公開。内容は民間事故調のHP(http://rebuildjpn.org/)で見られる。(以上(MSN産経ニュース2012.7.24 23:45)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120724/dst12072423480020-n1.htm

 民間事故調が、歩く国賊・菅直人の唯一の成果とした東電の撤退阻止については、売国奴・細野豪志が一人ほざいた私見によって導き出されたことが明らかになった。
 なぜ、4つも原発菅災の事故調査委員会ができたのかも不思議でならないが、日本国としての事故調査結果を野田豚総理はどうする積もりなのだろうか。まさか、このまま4つの事故調査最終報告書を世界に並べるだけの積もりなのだろうか。それにしても、小心者の細野豪志の私見を持って、歩く国賊・菅直人が『日本を救った』などと誰が思うのだろうか。単に、歩く国賊・菅直人がいい気になって、ブログで一方的に私見をほざく材料にしかならない。中国の新幹線事故でも、責任者が処罰されている。原発菅災というチェルノブイリ以来の大事故を起こした以上、最高責任者であった歩く国賊・菅直人の刑事責任は逃れられないのではないだろうか。
 歩く国賊・菅直人の裁判の過程で売国奴・細野豪志を含む菅内閣全閣僚も菅を補佐した人間として刑事責任を問うべきではないだろうか。とにかく今は、これ以上歩く国賊・菅直人に好き勝手ほざかせないで、刑事責任を問うべきだ。そうしないと中国以下のいい加減な国と言われても仕方あるまい。(No.3366-2)

|

« デメリットマイナンバーで考えぬ | トップページ | 不退転増税だけでノーサイド »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55278248

この記事へのトラックバック一覧です: 言論の自由を謳歌する細野:

« デメリットマイナンバーで考えぬ | トップページ | 不退転増税だけでノーサイド »