« 聞く耳は持っていないと売国奴 | トップページ | 状況でころころ変わる不退転 »

前原は講演ならば好き勝手

前原氏、オスプレイ陸揚げ延期求める…政府困惑
 米軍の垂直離着陸機MV22オスプレイの日本配備について、民主党の前原政調会長は18日の名古屋市での講演で、「決められたプロセス通りでなく、一呼吸置く中で汗をかいてもらいたい」と述べた。
 一時駐機先の山口県や、配備先の米軍普天間飛行場を抱える沖縄県内の反発に配慮し、陸揚げの延期を求めたものだ。
 同機の配備に対し、地元だけでなく、野田政権の中枢から慎重論が出たことに、政府は困惑している。前原氏は特に、安全保障政策に通じ、米国ともパイプが太いため、米政府内からも戸惑いの声があがった。
 藤村官房長官は18日の記者会見で「党と政府で立場がちょっと違う」と語った。玄葉外相は「私も首相も官房長官も、地元の民意を軽く見ているわけではない」と述べた。在日米大使館のカート・トン首席公使も18日、国民新党の下地幹事長との会談で「当惑している」と漏らしたという。森本防衛相は20日、カーター米国防副長官と都内で会談し、対応を協議する予定だ。(以上(2012年7月18日20時08分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120718-OYT1T01076.htm

 日本の国賊・前原誠司は、オスプレイの日本配備について、講演会で一方的にほざくことにはご執心のようだ。
 オスプレイ配備の日程など一年以上前にアメリカから日本政府に伝えられたことだ。それを知らなかったとほざくのならば、民主党政権とは如何に風通しの悪い、情報の遣り取りもできない素人集団かと言いたい。ドラえもん官房長官は、「党と政府で立場がちょっと違う」とほざいたらしいが、それならば、民主党政権は、党と政府とどう違うのか明確にするべきだ。要するに、二元政治というのであれば、これもマニフェストに書かれていないことなので、マニフェスト詐欺の実績として計上できる。前原如きが、アメリカとのパイプが太いと民主党が認めるならば、民主党政権の外交はド素人が好き勝手見様見真似でやっているだけと公認することになる。玄葉がまともに仕事ができるならば、前原如きに、「黙れ」とひと言、言ってやれば済むことだ。好き勝手ほざいてもお咎め無しが、民主党政権の民主主義ならば、一日も早く国民に迷惑を掛けないように野党に成り下がって、好き勝手して欲しいものだ。
 国民の声には耳を塞いだ日本の国賊・前原誠司に、国民の声を代弁する資格などは皆無だ。(No.3360-2)

|

« 聞く耳は持っていないと売国奴 | トップページ | 状況でころころ変わる不退転 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55232077

この記事へのトラックバック一覧です: 前原は講演ならば好き勝手:

« 聞く耳は持っていないと売国奴 | トップページ | 状況でころころ変わる不退転 »