« 教育長死刑にしても物足らぬ | トップページ | 権力維持にアラブと変わらない日本 »

原発にいつも枝野は他人事

枝野経産相「原発は全く割に合わない」…講演で
 枝野経済産業相は11日、都内で講演し、原子力発電所について、「東京電力福島第一原発事故でもみられるような(廃炉や賠償費用など)経済的なコスト以外の側面も考えると原発は全く割に合わない」との見方を示した。
 福島第一原発の廃炉や事故の賠償費用については、枝野氏は「原発を保有していない沖縄電力以外の電力会社が、国が関与する形で原発比率に応じて保険料相当分のコストを負担すべきだ」と述べた。
 一方で、再生可能エネルギーと省エネの普及拡大には「時間もコストもかかる」として、「原発を使うことで時間をつなぎ、省エネや再生エネ(の拡大にかかる)負担を補うのが現実的な手法だ」と述べ、当面は原発が必要だとした。(以上(2012年7月12日09時57分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120712-OYT1T00373.htm

 経済コストという観点から大飯原発再稼働の決定に大きく関わった枝野幸男が、この期に至って、原発はコストが合わないと堂々と講演したそうだ。
 身勝手もいい加減にして欲しいものだが、枝野弁護士を非難したブログを書くと中傷誹謗したとして名誉毀損で訴えられかねないから、遠慮しながら書きたいと思う。そもそも、原発の発電コストが安いのは、廃炉のコストを見合うだけ計算していないからだ。もし、廃炉のコストを弾こうとすれば、今の日本に、核廃棄物の最終処分場が無いのだから、正確な所計算できない。と言うよりも、最終処分場自体何も具体的なことは決まっていないのだ。原子力行政のカラクリをそのまま、原発の発電コストに反映しているから安く見えているだけではないだろうか。電力会社を所管する経産省の大臣が、講演で他人事のように話をするというのだから、呆れてものも言えない。
 それ以上に、原発菅災時に、大本営官房長官発表によって被災者に無用の被爆をさせた罪を枝野はまず受けるべきだ。(No.3353)

|

« 教育長死刑にしても物足らぬ | トップページ | 権力維持にアラブと変わらない日本 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55180603

この記事へのトラックバック一覧です: 原発にいつも枝野は他人事:

« 教育長死刑にしても物足らぬ | トップページ | 権力維持にアラブと変わらない日本 »