« 選挙後を見据え瑞穂がバーのママ | トップページ | 野田総理国益よりもまずメンツ »

王子製紙が中国も田子の浦

王子製紙の排水計画に抗議デモ=数千人集結、一部暴徒化も-中国江蘇省
 【南通(中国江蘇省)時事】王子製紙が中国江蘇省南通市に建設した工場の排水計画をめぐり、環境汚染を懸念する地元住民が28日、大規模な抗議デモを展開、一部が暴徒化する騒ぎがあった。
 地元当局は26日夜、計画を一時中断し住民と話し合う方針を発表したものの、排出口を設置予定の同市啓東政府庁舎前には28日午前6時半(日本時間同7時半)ごろから数千人の市民が集結。「王子を打倒しろ」「ふるさとを守れ」などとシュプレヒコールを上げ、大通りを行進した。
 同8時(同9時)、暴徒化した一部の若者が庁舎内に侵入。窓から大量の書類をばらまき、取り囲んだ市民から歓声が上がった。また、警察車両など車18台が破壊された。地元の化学工業団地に勤める男性(32)は「ここの発がん率は中国で一番高い。沖で取れた魚も売れなくなった。これ以上の汚染はごめんだ」と話した。
 現場には武装警察を含め大量の警察官が投入され、市民との小競り合いも起きた。
 こうした事態を受けて地元政府関係者は午前11時(同正午)すぎ、庁舎前で群衆に対し、地元政府が排水計画の撤回を決定したと発表。デモを中止するよう訴えた。
 同計画は、工場のある南通開発区から黄海に面する啓東までの約110キロを結ぶパイプラインを通じ海に排水するというもので、王子製紙によると、パイプラインの建設は市当局が約束。2010年末の工場稼働前に完成する予定がずれ込み、第1期製紙プラント(年産能力40万トン)の廃水は現在、浄化処理した上で長江に放流している。(以上(時事ドットコム2012/07/28-13:05)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012072800135

 かつて田子の浦をヘドロの海にした本州製紙の流れを継ぐ王子製紙が、今度は、中国で同じようなことをやったらしい。
 王子製紙のHPを見ると、環境対応について御託を並べているが、海外では、昔のDNAが連綿と息づいているようだ。どうやら、王子製紙は地元政府を抱き込んで、廃水を黄海にまでパイプラインで送って垂れ流そうと画策していたようだ。黄海をヘドロの海にすれば、当然、日本にもその影響が及ぶことは明白なことだ。王子製紙も日本でやっている環境対策をやっていれば、このような騒ぎを引き起こすことなどなかったはずだ。
 海外だから、日本のように廃水処理をしなくても良いなどと言う考えを持った企業は、海外だけでなく、日本からも退場して欲しい。世界の海は続いているのだ。また、中国江蘇省の住民も王子製紙を決して許してはならない。これは、中国へのヘドロの輸出と同じことだ。(No.3669)

|

« 選挙後を見据え瑞穂がバーのママ | トップページ | 野田総理国益よりもまずメンツ »

健康」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55299442

この記事へのトラックバック一覧です: 王子製紙が中国も田子の浦:

« 選挙後を見据え瑞穂がバーのママ | トップページ | 野田総理国益よりもまずメンツ »