« 最低を民主に譲り成仏す | トップページ | 円高でやっと安住に来る出番 »

官房長官にバカが鎮座する

尖閣上陸容認発言、防衛相個人の思い…藤村長官
 藤村官房長官は23日の記者会見で、森本防衛相が21日、東京都から尖閣諸島(沖縄県石垣市)への上陸許可申請があれば許可すべきだとの考えを示したことについて、「(防衛相の)所管外のこととして、個人の思いを述べたと聞いている」と述べ、政府としての見解ではないことを強調した。
 藤村氏は、都の上陸許可申請をめぐる政府対応について、「(都から)具体的な話があった時点で、上陸の必要性、所有者の意向、政府の(島の)賃借目的などを総合的に勘案して判断する」と改めて説明した。(以上(2012年7月23日17時47分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120723-OYT1T01012.htm

 内閣の壊れた要のアホ官房長官の藤村修が、民間人防衛相の森本敏が、東京都の尖閣諸島上陸許可申請について、許可すべきだとした考えほざいたことに対して、森本敏の個人的見解だと公式の場でほざいた。
 官房長官とは、内閣の要として閣僚間の意識統一をするのが、一番大きな仕事であって、記者会見で「あれば私見だ」と否定することが仕事ではない。また、そのような発言をすること自体、藤村修は無知無能の権化だと自分で認めたのと同じだとの認識も無いようだ。民主党政権になって以来、大臣であろうが民主党役員であろうが、自分の思いを好き勝手ほざいていることは、鳩山政権以来連綿として続いてきた悪弊だ。それを直す気など根底から無い民主党政権にこれ以上、日本の政治を任せることは、日本の世界の地位を貶めるだけの愚挙だ。
 尖閣諸島の国有化も、野田豚総理が石原都知事の成果を横取りしようと姑息な発表をしただけだ。民主党は、その場で利用できる者は利用して、使い捨てという体質を見抜いた地権者の良識によって尖閣諸島は守られていると言っても良かろう。(No.3364-5)

|

« 最低を民主に譲り成仏す | トップページ | 円高でやっと安住に来る出番 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55269850

この記事へのトラックバック一覧です: 官房長官にバカが鎮座する:

« 最低を民主に譲り成仏す | トップページ | 円高でやっと安住に来る出番 »