« 学校の不信感からくるいじめ | トップページ | 官房長官にバカが鎮座する »

最低を民主に譲り成仏す

森元首相、次期衆院選に不出馬の意向
 自民党の森喜朗元首相(75)(衆院石川2区)は23日、次期衆院選への対応について「今期限りだと早くから決めていた」と述べ、立候補しない意向を明らかにした。
 読売新聞の取材に答えた。
 森氏は、22日に地元の石川県能美市で開かれた会合でも「若い人に譲り、次の選挙への出馬を見合わせようと思っている」と述べていた。森氏の後継候補は決まっていないという。
 森氏は同県根上町(現能美市)出身。1969年に衆院初当選し、現在14期目。文相、通産相、自民党幹事長などを歴任し、2000年4月に脳梗塞で倒れた小渕恵三首相の後を受け、第85代首相に就任した。
 在任中は、00年7月の沖縄サミット(主要国首脳会議)の議長を務めたほか、IT(情報技術)基本法の制定などに尽力した。01年2月のハワイ沖の実習船「えひめ丸」沈没事故を巡り、対応の不手際を批判され、与党から退陣要求が噴出。同4月、就任から1年余りで退陣した。
 首相を退いた後も、党内の最大派閥の領袖として自民党政権時代に強い影響力を行使。森氏はロシアのプーチン大統領と親しく、政権交代後も日露外交に関わってきた。最近では、社会保障・税一体改革関連法案について、自民党執行部に賛成するよう働き掛けた。(以上(2012年7月23日11時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120723-OYT1T00299.htm

 民主党政権がいい加減な政治をやる前まで、最低・最悪の総理の称号を持っていた森喜朗だが、鳩山、菅、野田と誰にその称号を贈るかは定かではないが、少なくとも、最低・最悪の総理の称号から逃れられたからか、引退を表明した。
 しかし、地元民が森喜朗の悪行を思い知るのはこれからだろう。北陸新幹線も森喜朗がごねてフル規格になった。その代わり、新幹線と平行する在来線は第三セクターに移管され、運賃の値上げや便数の削減など普段の生活に大きく影響してくることは明白だ。
 それにしても、民主党政権になって以来、まだ、森喜朗がまともに見えるようになったのは私だけだろうか。今期限りの国会議員とは言え、まだまだ、政界には黒幕として君臨したいようなので、これからも、森喜朗の独り相撲で笑えることを期待したい。(No.3364-4)

|

« 学校の不信感からくるいじめ | トップページ | 官房長官にバカが鎮座する »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55268349

この記事へのトラックバック一覧です: 最低を民主に譲り成仏す:

« 学校の不信感からくるいじめ | トップページ | 官房長官にバカが鎮座する »