« 核燃料の処分は決まらない | トップページ | 民主党川柳 »

次の増税まで民主は続かない

財務相、黒字化に再増税は不可避 参院特別委
 安住淳財務相は20日午前の参院社会保障と税の一体改革特別委員会で、2020年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するとの目標達成には、消費税率10%への引き上げ後の再増税が避けられないとの認識を示した。「(目標達成は)なかなか大変だ。足らないところの税負担をお願いしなければいけない時期がくるだろう」と述べた。
 一体改革関連法案による増税分に関しては、全額を社会保障関係費に充てると重ねて説明した上で「大型公共事業のために充てることは全くない」と強調した。
 民主党の西村正美、自民党の礒崎陽輔両氏への答弁。(以上(2012/07/20 11:44【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012072001001085.html

 消費税増税後、民主党は借金の返済に充てるとほざいているが、同床異夢の方々は、大型公共事業のばらまきの財源ができたとほくそ笑んでいる。
 それを消費税増税では担当大臣であるが全く存在感を示していないちびっこギャング・安住淳が、増税額はまだ足らないからさらに増税をする時期が来るとほざいたらしい。しかし、そのような時が来るまで、脳天気な安住淳は自分が財務相であるとでも考えているのだろうか。自民公明両党からすれば、ばらまきの財源ができたとしか考えていないのだ。民主党が何をほざこうが、民主党単体で何も決められない現状では、安住の遠吠えにしか聞こえない。自民公明両党は、消費税増税という国民に嫌われることは民主党に押しつけて、自分たちは旧態依然とした公共投資による甘い汁を吸いたいだけだ。
 マニフェスト詐欺で政権を搾取した民主党・安住淳が何をほざいても、誰も気を引く者はいないだろう。それは、民主党政権が既に死んでいることを認識しているからだ。(No.3361-4)

|

« 核燃料の処分は決まらない | トップページ | 民主党川柳 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55243906

この記事へのトラックバック一覧です: 次の増税まで民主は続かない:

« 核燃料の処分は決まらない | トップページ | 民主党川柳 »