« 前原よどこから出した拠出金 | トップページ | 自殺事件教育長は他人事 »

事業者の意のままになる原子力

北陸電の活断層説明に「いいように解釈しすぎ」
 北陸電力志賀原発(石川県志賀町)直下の亀裂が活断層である可能性が高まった問題で、17日に経済産業省原子力安全・保安院が開いた専門家の意見聴取会では、北電の「原発の安全性を脅かすものではない」との説明に対し、専門家から「いいように解釈しすぎ」などと異論が相次いだ。
 北電は、志賀原発の敷地地下に8本の亀裂(シーム)があり、1、2号機建屋の直下に2本の亀裂があるとしている。聴取会では、このうち1号機南西角の亀裂について、地層のずれは「波の浸食作用により形成された」と説明した。ところが、専門家からは異論が噴出。東北大大学院理学研究科の今泉俊文教授は「典型的な活断層だ。よく(建設許可の)審査が通ったと思う。北電の説明は全く理解できない」と憤った。北電の「専門家の判断だ」との説明にも、今泉教授は「そんな判断の仕方は初めて。いろんな人の目を通すべきだ」と一蹴した。
 産業技術総合研究所活断層・地震研究センターの杉山雄一主幹研究員は「個人的には地震を起こすものではないように思える」としつつも、「ずれる可能性があり、それが建屋の下にあるなら、きちんと評価すべき」と現地調査を求めた。
 京都大防災研究所の遠田晋次准教授は「北電は自分にいいように解釈しすぎで、腑(ふ)に落ちない」と切って捨て、亀裂が形成された年代などの再評価を求めた。
 今回は時間切れで2号機下の亀裂の説明ができなかったため、北電は次回に改めて説明する意向を示し、「説得力のある資料などを探し、丁寧な説明をしていきたい」として、現地での説明会も検討するという。(以上(2012年7月18日08時55分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120718-OYT1T00091.htm

 北陸電力滋賀が原発直下にも活断層があるのではないかという可能性が、高くなったという。
 それがそうだとしても、今の原発設置基準自体が間違っているのだ。活断層の評価を事業者と安全不安院にやらせること自体が、性悪説からすれば言語道断だ。福島第一原発菅災に懲りない原子力村が、大飯原発の再稼働により、好き勝手し始めたように、誰も責任を取らされない今の仕組み自体がおかしいのだ。まず、活断層については、評価を事業者と地質学にも原子力工学にもド素人の原子力安全不安院に任せること自体が、フクシマの教訓から何も学習していないと言える。原発近辺の活断層については、原子力村と何の縁もない地質学者によって作った第三者委員会によって、全て評価をやり直した上で、物事を進めるべきだ。当然ながら、活断層を評価する地質学者には、原子力村から一切カネを貰っていない学者を選び、公平な目で現実を評価して貰うと共に、見逃しがあってその活断層が万が一にでも活動して、原発に被害が及んだ場合には責任を負って貰うようにすることだ。
 また、電力会社の電力料金に認められている寄付金については、全寄付金について報告義務をまず課して、匿名による自治体への寄付の源を絶つべきだ。また、寄付金については、電力会社の利益の中からのみ支出できるようにして、電力料金に賦課できないように法改正をするべきだ。(No.3359-2)

|

« 前原よどこから出した拠出金 | トップページ | 自殺事件教育長は他人事 »

公務員」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55225214

この記事へのトラックバック一覧です: 事業者の意のままになる原子力:

« 前原よどこから出した拠出金 | トップページ | 自殺事件教育長は他人事 »