« 円高でやっと安住に来る出番 | トップページ | 献金は嘘がばれたら書き直す »

告訴なら先ずは菅からして欲しい

原発事故の告訴・告発20件、検察当局が受理へ
 東京電力福島第一原発事故を巡り、東電や国側に刑事責任があるとして福島県の住民らが提出した告訴・告発について、検察当局は近く受理する方針を固めた。
 官民による事故調査に影響を与えないよう受理を保留してきたが、23日に政府の事故調査・検証委員会が最終報告を発表し、四つの事故調報告が出そろったため。今後、捜査態勢などの検討に入るが、立件は困難なケースが多いとみられる。
 これまで全国の地検に提出された告訴・告発は計約20件に上る。6月には福島県の住民約1300人が、東電の旧経営陣らについて業務上過失致死傷容疑などでの告訴・告発状を福島地検に提出した。
 検察当局は近く、容疑者や容疑事実が特定されている告訴・告発から順次、受理する方針。東京地検が中心となって福島地検などと連携して捜査する見通しだ。(以上(2012年7月24日14時33分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120724-OYT1T00728.htm

 四者四様の原発菅災の事故報告書がまとまり、これから検察当局はこれまで提出されていた告訴・告発を受理することを決めた。
 4つの事故報告書で共通なのは、歩く国賊・菅直人の無知無能が原発事故に対する介入が、非常識の極みであったことだ。先進国であろうが、歩く国賊・菅直人の犯罪を見逃すことなどできない。当然、身柄を拘束して取り調べを行い、刑事裁判で歩く国賊・菅直人、大本営・枝野幸男他の罪を実証するのが、これからの司法当局の仕事だ。これら一連の歩く国賊・菅直人の犯罪については、司法当局の凝り固まった非常識で裁くのではなく、原発菅災被災者を裁判員にした裁判員裁判が必要だと私は感じる。それによって、国民の意識がどうかということを死ぬまでに歩く国賊・菅直人に思い知らせる必要があるのだ。総理を辞任してから、被災地を巡る贖罪の旅に出たのなら分かるが、四国八十八か所の霊場巡りを自分の趣味で歩いたというのだから、とんでもない輩を総理大臣に据えたものだ。罪を問うならば、ルーピー鳩山由紀夫が辞任して、歩く国賊・菅直人を民主党代表に選んだ民主党議員全員も、連帯責任として刑事罰の対象にしても良いと私は考える。原発菅災は、民主党政権の起こした要因が大きいことは周知の事実だ。
 歩く国賊・菅直人ならば、民主党の最低顧問だが、政府の要職についてはいないので、国会会期中でも、衆議院の承認があれば、何時でも逮捕することができる。一日も早く、歩く国賊・菅直人の身柄拘束を東京地検はやって欲しいものだ。(No.3365-2)

|

« 円高でやっと安住に来る出番 | トップページ | 献金は嘘がばれたら書き直す »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55271095

この記事へのトラックバック一覧です: 告訴なら先ずは菅からして欲しい:

« 円高でやっと安住に来る出番 | トップページ | 献金は嘘がばれたら書き直す »