« 民主党に一兵卒の最後っ屁 | トップページ | 妙案を探す振りして先送り »

四度目の正直は無視をする世論

小沢氏の新党「期待しない」79%…読売調査
 読売新聞社は、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の衆院通過を受けて、27~28日に緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。
 法案の採決で反対票を投じた民主党の小沢一郎元代表が結成を視野に入れている新党に「期待しない」との回答は79%を占め、「期待する」16%を大きく上回った。
 小沢氏ら同党の一部議員が法案採決で反対したことについては「理解できない」48%が「理解できる」43%より多かった。民主党が小沢氏ら造反議員を除名するなど「厳しく処分すべきだ」と思う人は52%だった。
 民主、自民、公明3党によって修正された同法案が衆院で可決されたことについては、「評価する」45%、「評価しない」48%となった。消費税率を引き上げる場合、生活必需品などの税率を低くする軽減税率を「導入すべきだ」とする人は75%に上った。(以上(2012年6月29日07時33分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120628-OYT1T01275.htm

 小沢新党に対する世論調査の結果が発表された。
 それによると、小沢新党に期待をしていない割合が8割近くに上っていることが分かった。確かに、小沢一郎の唱える消費税増税反対は正論だと思う。しかし、これまでの小沢の所業を見せつけられている国民としては、それだから小沢支持という気にはならないと言うのが正直な所だろう。また、小沢一派の投票行動も、「理解できない」と「理解できる」とが拮抗しており、これは、民主党という政権与党が、政権与党として期待されていないことを意味していると思う。それは、党内で党内意見の調整能力さえも欠如している民主党に対する批判だと思う。また、小沢一派の除名処分には「厳しく処分すべき」が過半数を占めた。これは、小沢一派を懲らしめろというサインではなく、小沢一派の除名処分によって、民主党が崩壊し解散・総選挙を求めている世論の現出だろう。
 この世論調査の結果を見る限り、消費税増税反対のドタバタ劇に民主党内で勝者はいないというのが現実だろう。(No.3339-3)

|

« 民主党に一兵卒の最後っ屁 | トップページ | 妙案を探す振りして先送り »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55076355

この記事へのトラックバック一覧です: 四度目の正直は無視をする世論:

« 民主党に一兵卒の最後っ屁 | トップページ | 妙案を探す振りして先送り »