« 「ただちに」とまだほざいてるのは枝野 | トップページ | パトカーに喧嘩売っても謝罪する »

判決を越えた小沢の妻の乱

小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃

民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。
 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。
 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。
 そして、このように綴っている。
「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。
 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」
「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」
 こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。
 和子夫人はこうも綴っている。
「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」
 現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。
(以上(週間文春2012.06.13 18:03)より引用)
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442

 小沢一郎被告の夫人の発言が、週間文春2012年6月21日号に掲載され、大きな波紋を拡げている。
 愛人や隠し子というプライベートな問題だけならば、単なる週刊誌のスクープ記事ぐらいにしか思わないし、それが事実であれ、私には関係の無いことだし、言及する気もない。しかし、政治となれば、話は別だ。消費税増税・原発再稼働に対して反対を唱える小沢一郎に対して、これらの部分だけ切り取って見れば、野田豚よりも筋が通っていると感じていた。それよりも震災後、小沢一郎が自分の票田である岩手になぜ戻らないのか不思議だった。それが、現地を訪問するだけで放射能が怖いという理由ならば、現地に住んでいる人たちはどうなるのだろうか。もし、それだけ人体に影響を与えるような放射性物質で岩手県が汚染されているのならば、岩手県民を安全な場所へ避難させることが政治家の使命ではないだろうか。自分だけよければ良いという小沢一郎の態度に、小沢一郎の支持者はどう考えているのだろうか。それとも、旧態依然とした政治体質で、カネで繋がった絆の方が大切と考えるのだろうか。
 しかし、野田豚の消費税増税とは、話の違うことだ。今、まだ国会議員を務めている小沢一郎に残された道は、身を挺しても野田豚の消費税増税を阻止するべきだ。野田豚の消費税増税は、マニフェストに騙された国民に対する背信行為なのだ。(No.3326-2)

|

« 「ただちに」とまだほざいてるのは枝野 | トップページ | パトカーに喧嘩売っても謝罪する »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54976747

この記事へのトラックバック一覧です: 判決を越えた小沢の妻の乱:

« 「ただちに」とまだほざいてるのは枝野 | トップページ | パトカーに喧嘩売っても謝罪する »