« 冤罪を作り減給で済ませる | トップページ | 元民主論理矛盾はお手の物 »

果てしなく続く民主の心理戦

小沢系43人、会派離脱願提出へ…首相揺さぶり
 民主党の小沢一郎元代表が、衆院の民主党会派を離脱して新会派の結成を検討していることが27日、わかった。
 消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決で反対票を投じた同党議員のうち、小沢氏含め43人が参加する見通しとなっている。小沢氏は29日にも民主党に会派離脱願を提出したい考えだが、党執行部は容認しないとみられる。
 小沢氏は28日に民主党の輿石幹事長と会談し、新会派結成の意向を伝える方針だ。会派離脱が認められない場合でも、新党結成を求める若手議員を納得させ、グループの結束を保つことが可能と判断しているとみられる。新会派が認められれば、民主党に所属しながら「党中党」として野田首相や党執行部を揺さぶり、離党・新党結成の時期を見極める時間を確保できる利点もある。(以上(2012年6月28日03時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120627-OYT1T01560.htm

 守銭奴・小沢一派が、造反議員の処分を一任された野田豚と輿石ミイラとの間にある温度差につけ込んで会派離脱を考えているらしい。
 野田豚は、消費税増税に対して「決められる政治」とほざいたが、こと造反議員の処分については、輿石ミイラが邪魔をして「先送りする政治」に戻ったようだ。それにつけ込んで、守銭奴・小沢が会派離脱をちらつかせて総理に揺さぶりを掛ける戦術に出たようだ。しかし、民主党はいつまで政局ごっこがやりたいのだろうか。野田豚が不退転、政治生命を賭けるとほざくならば、即日処分を発表してもおかしくはない。野田豚には、納期意識が欠如しているから仕方のないことかも知れないが、思考回路が国賊・菅直人と同じように単細胞で、考えを巡らすのに時間がかかるのあろう。
 守銭奴・小沢は、消費税増税反対、原発再開反対を唱えれば、次の総選挙でも勝てると踏んでいるがそれは甘いと私は思う。反対を唱えるのであれば、その対案を出して始めて反対が正当化されるのだ。(No.3338-2)

|

« 冤罪を作り減給で済ませる | トップページ | 元民主論理矛盾はお手の物 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55069307

この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなく続く民主の心理戦:

« 冤罪を作り減給で済ませる | トップページ | 元民主論理矛盾はお手の物 »