« 念押して袂を分かつ消費税 | トップページ | 問責予備軍も更迭した組閣 »

小泉の験を担いでいる総理

「最強の布陣」わずか5か月、異例の内閣改造
 野田首相は4日、国会会期中としては異例の内閣改造を断行する。
 消費税率引き上げ関連法案をめぐる、自民党など野党との修正協議の環境整備が目的だが、前回の改造からわずか5か月で再改造に追い込まれたことで、首相の人事の失敗を指摘する声も強まりそうだ。
 首相は4日午後1時25分をメドに、首相官邸で記者会見し、内閣改造の狙いなどを説明する。
 過去の内閣改造は、閣僚の交代が法案審議に影響を与える可能性があるため国会閉会中に行われることが多かった。
 国会会期中の改造は、2005年10月31日に、特別国会の会期中に第3次小泉改造内閣が発足した時以来となる。当時の小泉首相は悲願とした郵政民営化関連法を成立させたことを受け、「小泉改革の総仕上げ」を目的に改造に踏み切った。
 一方、野田首相は、国会閉会中の今年1月13日に行った内閣改造について、社会保障・税一体改革の実現に向け、「最善かつ最強の布陣」と強調していた。しかし、田中防衛相と前田国土交通相が参院で問責決議を受け、交代を余儀なくされた。(以上(2012年6月4日10時12分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120604-OYT1T00276.htm

 不適材不適所でたった5か月で、大臣を入れ替えなければならない野田内閣だ。
 どうも、会期中の内閣改造は、小泉内閣以来で、小泉内閣の宿願であった郵政民営化関連法案を可決されたことを睨んでの内閣改造らしい。しかし、いくら野田豚が、小泉元総理の内閣改造だけを真似しても無意味なことだ。なぜならば、小泉元総理は、自分の言葉で国民を説得した。そして、郵政民営化を成し遂げたのだ。それに対して、野田豚は、官僚の作文を如何に自分の言葉のように喋るかにご執心で、ぶら下がりには応じない等、国民に対して、自分の考えをオープンにしていない。どうしても、消費税増税を成し遂げたいのならば、なぜ、今の時期にやらなければならないかを国民に周知しなければならないはずだ。それもやらずに、官邸のブログでほざいているだけだ。これで、国民の支持など得られる訳がない。また、どのような屁理屈を野田豚が並べようとも、腹の底が透けて見えており、誰も納得しない。
 小泉元総理を見習うのなら、それなりに、小泉元総理がどのような政治手腕で郵政民営化を成し遂げたか、よく歴史を野田豚は見直すべきだ。そうすれば、如何に自分が無知無能の権化であるか分かるはずだし、恥ずかしくて総理など続けられないはずだ。(No.3314-2)

|

« 念押して袂を分かつ消費税 | トップページ | 問責予備軍も更迭した組閣 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54873844

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉の験を担いでいる総理:

« 念押して袂を分かつ消費税 | トップページ | 問責予備軍も更迭した組閣 »