« 指揮権の行使をすれば済んだこと | トップページ | 余計なことは閣議決定する政府 »

多数決取るのが怖い民主党

小沢系「みんな除名覚悟」…首相「一枚岩で」
 野田首相は20日の民主党両院議員懇談会で、社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決に向け、自ら党内の説得にあたった。
 反対を貫く姿勢の小沢一郎元代表グループの議員らとの亀裂は深く、党内の緊迫感は高まっている。
 懇談会の冒頭、首相は「昨年の党代表選後に『ノーサイドにしましょう』と言った思いは変わらない。みんなで心を合わせて、力を合わせて、様々な困難に立ち向かう政党でありたい」と述べ、一体改革関連法案の修正合意を了承した判断を受け入れるよう求めた。
 しかし、質疑に移ると、首相らに反対意見をぶつける議員が相次いだ。
 福島伸享衆院議員は「社会保障改革の姿が固まってから消費税を上げるようにすべきだ」と消費税率引き上げを棚上げするよう主張。「21日までになぜやらなければいけないのか。成長戦略が大事だ」「このままなら解党の危機だ」などの意見も相次いだ。
 約3時間にわたった懇談会で首相は積極的に説明に立ち、「財政再建に加え、成長戦略が大事なのは分かっている。G20(主要20か国・地域首脳会議)でも訴えてきた」「党を割るなんて毛頭考えていない。一枚岩になるよう責任を持ってやりたい」などと強調した。
 首相の懸命な説得は、中間派議員が法案賛成に回る条件として、党分裂回避への努力を求めてきたことを踏まえたものだ。実際、田中慶秋副代表や鹿野道彦前農相ら中間派のベテラン議員は、懇談会で「党を割るべきではない」と結束を呼び掛けた。最後は進行役の直嶋正行副代表が「代表と幹事長に判断していただきたい」と打ち切りを宣言したが、ヤジは少なく、19日の政策調査会の合同会議のような混乱はなかった。
 しかし、反対派は首相への対決姿勢を強めている。小沢グループは、衆院での採決で54人以上の造反をまとめようとしている。仮に造反した議員全員を除名すれば、与党が過半数割れに追い込まれ、少数与党に転落する。党執行部は、採決直前まで反対する議員の翻意を求める構えだ。
 小沢グループの議員らは懇談会に先立ち、20日午前から都内のホテルに集まり、対応を協議した。参加者の一人は「みんな除名覚悟だ」と記者団に語った。(以上(2012年6月21日07時21分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120621-OYT1T00199.htm

 G20を早退した野田豚も参加して、20日に民主党の両院議員懇談会が開かれ、結局の所、野田豚と輿石ミイラに一任と言うことになったらしい。
 売国奴・スパイ養成塾出身の前原誠司にしてもそうだが、民主主義の大原則は「少数意見の尊重と多数決」だ。それを反対意見もあるのに、一方的に「一任」と取り付けた形にするのだから、小学校の学級会以下の運営しかできない超低レベルなのだ。話し合って意見の合意に至らなければ、多数決を取るのが民主主義だ。その上で多数決に従うのも民主主義だ。しかし、多数決を取らずに、なあなあでなんとかしようとしているからいつまで経っても同じことの蒸し返ししかできない。多数決で決まったことを受け入れられない者は、出ていけばよいだけだ。野田豚の『ノーサイドにしましょう』にしても、小沢の順序が違うと言うのもそれだけ聞けば正論だが、その政治屋のこれまでやって来たことをトータルで考えれば、民主党のどいつもこいつも、その場凌ぎで好き勝手ほざいているだけに過ぎない。
 よく評論家が、「民主党を選んだのは国民だから(民主党が何をやっても仕方がない)」とほざく奴がいる。しかし、政治ごっこのとばっちりを一番受けているのは国民だ。そして、国民が選んだのは鳩山由紀夫であって、国賊・菅直人も野田豚も国民が支持した総理ではない。民主党内で勝手に決めた輩で、国民の信託を受けた輩ではない。そして、国民は、十二分に民主党を選んだという過失に対しては、罰を受けていると私は思う。野田豚は、消費税増税だけ決めたら、さっさと解散総選挙を行って国民に信を問うべきだと思う。そして、もし万が一、国民が野田豚の続投を認める結果となれば、国民はそれに従うしか道はない。
 野田豚は、国民に対して恥ずかしくないことをやっている自信があるのならば、自分の信を問い、その判断に従うべきだ。(No.3331-2)

|

« 指揮権の行使をすれば済んだこと | トップページ | 余計なことは閣議決定する政府 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55015867

この記事へのトラックバック一覧です: 多数決取るのが怖い民主党:

« 指揮権の行使をすれば済んだこと | トップページ | 余計なことは閣議決定する政府 »