« 小泉の験を担いでいる総理 | トップページ | 野田第2次改造内閣閣僚川柳 »

問責予備軍も更迭した組閣

防衛相に民間から森本氏、農水相は郡司氏 改造内閣
 野田佳彦首相は4日の内閣改造で、参院で問責決議を受けた田中直紀防衛相の後任に元防衛相補佐官の森本敏・拓殖大大学院教授(安全保障論)を起用することを決めた。防衛担当閣僚に民間人が就任するのは防衛庁時代も含め初めて。鹿野道彦農林水産相の後任には郡司彰元農水副大臣をあて、問責2閣僚を含む5人の閣僚を交代させた。首相は同日午後、官邸で記者会見し、内閣改造の狙いを説明。皇居での認証式を経て、夕方には野田第2次改造内閣が発足する。
 首相は4日午前の閣議で閣僚の辞表をとりまとめ、国民新党の自見庄三郎代表と会談。首相自ら記者会見し、閣僚名簿を発表した。
 首相は問責閣僚の交代を否定してきたが、消費増税法案をめぐる自民党との修正協議の見通しが立たず、改造を決断した。首相は防衛相に拓殖大大学院教授の森本氏を起用。森本氏は防衛大卒で航空自衛隊を経て外務省に入省。自公政権時代の2009年に防衛相補佐官に起用された。
 野田内閣では、田中防衛相の不安定な国会答弁が続き、自民党から北朝鮮の弾道ミサイル発射でも危機管理能力の欠如を問われ、問責決議を受けた。田中氏の前任の一川保夫参院議員も問責決議を受け、1月の内閣改造で交代した。こうした経緯を踏まえ、首相は防衛政策に精通している森本氏の起用に踏み切った。(以上(朝日新聞2012年6月4日13時52分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0604/TKY201206040132.html

 4日に、野田豚改造内閣が発足した。
 公式名称は、『野田第2次改造内閣』と呼ぶらしいが、実際は『野田第二回問責改造内閣』という方が正しい呼び方のように思う。何しろ、問責決議で更迭せずに、責任をうやむやにするための内閣改造だ。問責決議を受けた前田・田中両大臣を40日間も庇い続けて、国会運営に穴を空けた野田豚は、この間の国会運営経費を全額のだが負担することで責任を取るべきだ。また、問責決議予備軍である副大臣がスパイへの情報供与を行った鹿野農相、委員会控え室で競馬に夢中になっていた小川法相も、先手を打って首にしたようだ。ただ、自見金融相は、この内閣改造が問責に対する更迭ではないという野田豚の言い訳のために交代させられたようだ。
 これで、野田豚は、自民党の意見の丸のみへ舵を切った。自民党は、消費税増税決議後には、解散総選挙を求めることだろう。さて、そうなった場合、野田豚を含む民主党議員が何人永田町に戻ってくるだろうか?それより、気が気ではないのは民主党議員の議員秘書だと思うが・・・・・・(No.3315)

|

« 小泉の験を担いでいる総理 | トップページ | 野田第2次改造内閣閣僚川柳 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54875453

この記事へのトラックバック一覧です: 問責予備軍も更迭した組閣:

« 小泉の験を担いでいる総理 | トップページ | 野田第2次改造内閣閣僚川柳 »