« 民主党五十歩百歩さえ知らぬ | トップページ | 誠心誠意で沖縄を逆撫でる »

妻の乱ようやく載せた全国紙

小沢氏資質、妻が告発…「放射能怖くて逃げた」
 昨年3月11日の東日本大震災後に、小沢一郎元民主党代表(70)の妻(67)が支援者に宛てた手紙の中で、小沢氏が「放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました」と指摘し、小沢氏に対する不満を吐露していたことが22日、分かった。
 「一番苦しい時に見捨てて逃げ出した小沢を見て、岩手や日本の為(ため)になる人間ではないとわかり離婚いたしました」として、小沢氏の政治家としての資質を疑問視している。
 手紙は今月中旬に週刊誌が報じ、民主党所属議員などの間にも出回っている。小沢氏の言動に不信感を抱く議員も出ており、小沢氏が目指す新党結成の動きにも影響を与えそうだ。
 読売新聞が入手したのは手書きで記された11枚の便箋の写し。被災地の衆院岩手4区を基盤とする小沢氏の地元支援者に宛てた文面で、東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、昨年3月16日の朝、東京都世田谷区の自宅を小沢氏の秘書が訪れ、「内々の放射能の情報を得たので、(小沢)先生の命令で秘書達(たち)を逃がしました。先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えて下さい」と言ってきたと明かしている。
 同21日には書生が「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやって下さい」と伝えてきたと指摘し、小沢氏側が、行政当局から独自に未公表段階の情報を集め、行動していたのではないかと推察している。小沢氏が同25日に自宅のある東京から「旅行カバンを持ってどこかに逃げ出しました」とも記している。
 小沢氏が初めて地元入りし、盛岡市の岩手県庁で達増拓也知事と会談したのは同28日だった。妻は、それまで小沢氏が地元入りを避けていた理由について「放射能がこわくて行かなかった」と断じている。
 妻の関係者は、筆跡が真正のものと証言している。
 ◆「逃げていない」、小沢事務所反論
  これに対し、小沢事務所は「手紙は本人の字ではない。放射能を恐れて逃げたという事実はない。どこにどう逃げたのか、こちらが聞きたい。どこにも逃げていないことは証明できる」と反論している。(以上(2012年6月23日09時13分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120623-OYT1T00211.htm

 週間文春が小沢一郎の妻の手紙をすっぱ抜いてから、かなりの時間が経っているが、今になって全国紙が一斉に取り上げた。
 これは、何を意味するのだろうか。週間文春という週刊誌にすっぱ抜かれたことに対する反発行為なのだろうか。それよりは、全国紙の判断で、小沢不利と明確に出たのかも知れない。当然のことながら、週刊誌よりも全国紙の方が、世論に与える影響は大きい。そういう意味で、小沢一派を分断、縮小させて消費税増税を成し遂げやすくなったとも思える。何しろ妻の曝露は、小沢の選挙区の有力者に宛てた手紙の内容であり、小沢の選挙の時には、小沢に代わって選挙区を取り仕切っていた人の話なのだ。陸山会事件の刑事被告の立場はそれほど大きな問題ではないが、身内からミサイルを撃ち込まれた小沢一郎がどのような行動を取るかが見物だ。
 マスコミの次のターゲットは、小沢夫人の言質を取ることだろう。果たして小沢が『窮鼠猫を噛む』という行動を起こすのだろうか。この週明けは、政局ごっこから目が離せなくなった。(No.3333-3)

|

« 民主党五十歩百歩さえ知らぬ | トップページ | 誠心誠意で沖縄を逆撫でる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/55031423

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の乱ようやく載せた全国紙:

« 民主党五十歩百歩さえ知らぬ | トップページ | 誠心誠意で沖縄を逆撫でる »