« 調整の能力も無いどらえもん | トップページ | 内閣の要がひとり歩きする »

独法が新興国で打つバクチ

収益向上目指し新興国株式で運用…年金積立金
 国民年金と厚生年金の積立金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人は17日、2012年度から新興国の株式による運用を始めることを明らかにした。
 成長が期待できる新興国の企業の株式に投資することで、収益の向上を目指す。
 すでに運用先の国々における取引口座の開設などの準備を進めている。積立金の総額は約122兆円(11年3月末時点)だが、今年度の運用は1兆円以内に抑える方向で調整している。
 同法人はすでに海外の株式や債券で資金を運用している。ただ、中国やブラジル、ロシアなどの新興国での運用はリスクが大きく、安定性が求められる年金の原資となる積立金の運用先としては適切でないとして対象外だった。(以上(2012年5月17日18時11分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120517-OYT1T00875.htm

 年金の運用で何兆円もの赤字を流している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、今度は、新興国の株式運用というバクチをやろうとしていることが明らかになった。
 そもそも、公務員共済では株式や債券で運用していないが、国民年金や厚生年金は、GPIFという投資にはド素人の集団に、独法を養うために株式や債券で運用させている。そして現在、何兆円もの赤字を垂れ流している。金額から言えば、たった2000億円のAIJなど物の数にもならないだけの運用損を計上している。しかし、AIJのようにGPIFの問題は誰も触れない年金の恥部と言ってもよかろう。何しろ、ド素人集団だがGPIFは独立行政法人という隠れ蓑で覆われているから分からないのだ。正直言って、GPIFを養うための血税と運用損を考えれば、国庫によるタンス預金の方が余程かマシだ。それを今度は、もっと運用リスクの高い新興国の株式で、一か八かのバクチを打とうとしているのだ。GPIFなどに運用をやらせている限り、いつまで経っても年金の問題はケリが付かないだろう。何せ、GPIFは、儲かる時もあるとほざいて、ド素人が投資ファンドに丸投げするだけで、飯の食える独法なのだから・・・・・・
 GPIFの運用損は、総てGPIFの全職員で賠償し、運用益が出たら成果給として給与を支払うように、組織を変えるべきだ。(No.3297-2)

|

« 調整の能力も無いどらえもん | トップページ | 内閣の要がひとり歩きする »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

年金」カテゴリの記事

独立行政法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54733701

この記事へのトラックバック一覧です: 独法が新興国で打つバクチ:

« 調整の能力も無いどらえもん | トップページ | 内閣の要がひとり歩きする »