« 社会人未満が政治する民主 | トップページ | 独法が新興国で打つバクチ »

調整の能力も無いどらえもん

「意見は十分に注視」 国民新代表の交代要求で藤村官房長官
 藤村修官房長官は17日午前の記者会見で、国民新党代表の自見庄三郎金融相が、参院で問責決議を受けた田中直紀防衛相、前田武志国土交通相の交代を求めていることについて「自見氏の発言は聞いている。さまざまな意見があるのを十分に注視する必要はある」と述べた。
 ただ、2閣僚の交代については「今日まで通りで、しっかりと職責を果たしていただく」と述べ、否定した。(以上(MSN産経ニュース2012.5.17 14:46)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120517/plc12051714470011-n1.htm

 野田政権になって以来、糞の役にも立っていないドラえもんこと藤村修が、国民新党からも、前田、田中両大臣を取り替えろと言われても、「さまざまな意見がある」とほざいただけに留まった。
 前田、田中両大臣が無能なのは、入閣直後から分かっていたことだ。そして、もっと悲惨なのは、内閣の要である官房長官の藤村修に調整能力が欠如している点だ。野田豚が、小沢一郎と会談するのに、なぜ、頭の中までミイラの輿石に頼まなければならないのか?それは、ひとえに藤村修が無能の長物だからだ。藤村は、田中直紀もこれまで通り、いい加減な仕事を続けて、しっかり職責を果たして欲しいなどとほざいたが、これで、北朝鮮が核実験にでも踏み切ったら、また、無能の傷口が拡がるだけだ。
 まあ、無能の藤村からすれば元官房長官という肩書きが残るので、それでよいのかも知れないが、田中直紀に勝るとも劣らぬ危機管理能力のないのも藤村修だ。それは、昨年の台風15号の被害で十分に証明されている。(No.3297)

|

« 社会人未満が政治する民主 | トップページ | 独法が新興国で打つバクチ »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54733539

この記事へのトラックバック一覧です: 調整の能力も無いどらえもん:

« 社会人未満が政治する民主 | トップページ | 独法が新興国で打つバクチ »